頭皮が脂っぽくなる原因とは? どんな症状が起きるの?|おすすめの対策方法を紹介!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
頭を抱える男性
目次

    頭皮が脂っぽいと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?実は頭皮が脂っぽくなる原因にはさまざまなことがあります。

    頭皮の脂っぽさの原因として、ヘアケア方法が自分に合ってないことと生活習慣の乱れがあります。本記事では、原因と脂っぽさから起きる症状、おすすめの対策方法を紹介します。

    ナゼ? 頭皮が脂っぽくなる原因とは

    髪をかき分ける男性
    頭皮はなぜ脂っぽくなるのでしょうか。その原因として頭皮のヘアケア方法が良くない場合と生活習慣の2つの原因があります。

    ここでは、頭皮が脂っぽくなる原因について紹介します。

    1. 頭皮の皮脂がちゃんと洗い流せていない

    頭皮の皮脂がきちんと洗い流せていないことは、頭皮の脂っぽさにもつながります。ここでは、頭皮の皮脂を洗い流せていない原因について解説します。

    合わないシャンプーを使っている

    自分の頭皮の状態に合わないシャンプーを使うと、脂が落ちきらないこともあります。特に、脂性肌の人が、肌への刺激成分が少ないアミノ酸系シャンプーなどを使うと、皮脂が落ちらず、脂っぽい頭皮環境になってしまうことがあります。

    洗髪方法が間違っている

    頭皮が脂っぽい原因の1つとして、洗髪方法が間違っていることもあります。シャンプー前のすすぎが甘かったり、シャンプー剤のつけ方が悪かったりなどすると、頭皮の脂っぽさが残ってしまうことも。

    洗う回数が合っていない

    頭皮の状態に洗髪回数が合っていないことも、頭皮が脂っぽくなってしまう原因です。皮脂や汗の量、気候や湿度によって、頭皮の状態は変わります。

    日本の気候では、1~2日に1回くらいの頻度が良いということが、定説として定着しつつあります。

    2. 生活習慣の乱れ

    生活習慣の乱れは、頭皮の皮脂量にも関係しています。ここでは、食生活・睡眠・自律神経の乱れについて解説します。

    食生活|栄養バランスの偏り・ダイエットなど

    頭皮が脂っぽくなってしまう原因として、食生活の乱れがあります。脂っこいものを食べ過ぎてしまうと、皮脂の分泌量が増えるからです。

    また、過度なダイエットは、ビタミン不足などを招き、皮脂の過剰分泌につながることも。このように、脂質のとりすぎや、過度なダイエットによる食生活の乱れで、頭皮の皮脂が増えることが原因になることもあります。

    睡眠|時間が短い・睡眠の質の低下

    睡眠不足に陥ると、成長ホルモン分泌が少なくなって、頭皮が乾燥し皮脂分泌が増加してしまいます。成長ホルモンには、皮脂を分泌する作用があり、十分に睡眠がとれていないと頭皮の乾燥につながることも。

    頭皮が乾燥することで、身体が皮脂不足を感知し逆に皮脂を過剰に分泌してしまう現象が起きてしまうことが、脂っぽい頭皮になってしまう原因の1つです。

    3. 自律神経の乱れ|ストレス

    睡眠不足などで自律神経が乱れると、交感神経が優位になってストレスを感じやすい身体の状態に。特に男性の場合は、交感神経が優位になることで、男性ホルモンを生成し、皮脂の過剰分泌を招きます。

    頭皮が脂っぽくなるとどんな症状が起きるの?

    男性の後ろ姿頭皮が脂っぽくなると実際にどのような症状が起きるのでしょうか?ここでは、頭皮の皮脂が多いと起こる症状について詳しく解説します。

    1. 髪や頭皮のべたつき・かゆみ

    皮脂が脂っぽくなることで、髪や頭皮のべたつきを感じやすかったりします。皮脂はいわゆる頭皮のバリア機能をつかさどっていますが、過剰に分泌されてしまうことで髪がべたついてしまうことも。また、常在菌が皮脂をエサにし異常発生することで、かゆみが引き起こされることもあります。

    2. におい

    皮脂の量が多くなると、常在菌の影響でいやなにおいを感じるようになります。常在菌は、過剰に分泌された皮脂やフケをエサにし、臭いにおいを発生させるからです。

    特に頭皮の皮脂は、皮脂の分泌が多いといわれるTゾーンの2倍の皮脂が分泌されます。つまり、頭皮の皮脂は、分泌されやすく、においやすいことがいえるでしょう。

    3. フケの増加

    頭皮が脂っぽいと、これまでよりフケが増えるという症状が現れることもあります。一般的にかわいたフケはイメージしやすいかもしれませんが、皮脂が多くなるとべたついたフケが出ることも。

    これは、皮脂を栄養源として増殖した常在菌(マラセチア菌)によって皮膚が刺激されて、新陳代謝のサイクルを乱してしまうからです。

    【注意】治療が必要なトラブルもある

    頭皮が脂っぽい状態を放置していると、治療が必要なトラブルが起きることもあります。

    特に、脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)は、頭皮の常在菌(マラセチア菌)が皮膚をエサにして、遊離脂肪酸を生み出し、頭皮を刺激し、湿疹やかゆみ・フケといった症状をもたらします。

    このような症状が気になる場合には、治療が必要な場合もあるため、皮膚科等の専門機関で診察してもらうことをおすすめします。

    健康な頭皮環境を取り戻したい! おすすめの対策方法を紹介

    タオルを肩にかけた男性頭皮の脂っぽさを解消するためにはどのようにしたらよいのでしょうか?ここでは、その対策方法について紹介します。

    1. ヘアケア方法を見直す

    頭皮のヘアケア方法を見直すことは、頭皮の皮脂を落とす上でとても大切です。特にシャンプー選びや洗髪方法、頭皮ケアの方法などは、健やかな頭皮環境には欠かせません。

    脂っぽい頭皮におすすめのシャンプーとは?

    脂っぽい頭皮におすすめのシャンプーは、高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーです。シャンプーにもいろいろな種類があり、洗浄力が異なります。自分の頭皮の状態に合わせたシャンプーを選んで使用すると、脂っぽい頭皮への対策に効果的です。

    また、Fortero(フォルテロ)のカーボニックスカルプシャンプーは、超濃密炭酸泡で皮脂汚れをごっそりと落とすのに効果的なシャンプーです。

    加えて7つの有用成分が配分されているため、健やかな頭皮環境を整えるのにぴったりのアイテムです。詳しくは下記記事からご覧ください。

    Fortero(フォルテロ)カーボニックスカルプシャンプーとは? 特徴と効果を上げる使い方を解説! シャンプー

    正しい洗髪方法を覚えよう|ドライヤーの使い方にも注意

    シャンプーをするときには、十分にぬるま湯で余洗いした上で、シャンプーを手のひらで軽く泡立てて、頭皮と髪を指の腹で揉みこむようにして洗いましょう。シャンプーで洗い終わったあとは、ぬめりがなくなるまで洗い流しましょう。

    シャンプーが終わったら、タオルを髪に押し付けながらタオルドライをして、最低20cm以上髪から離してドライヤーをかけましょう。

    自然乾燥させてしまうと、多湿の環境を好む雑菌が増えて頭皮トラブルの原因になることもあります。

    頭皮ケアをプラスしよう|頭皮マッサージ・ケアローション

    ヘアケア方法として、頭皮マッサージやケアローションを使うのも効果的です。頭皮マッサージは頭皮の血流量を上げて毛根の細胞分裂・増殖の活性化につながります。

    また、頭皮ケアのローションを使うことで、頭皮環境をより健やかにします。Fortero(フォルテロ)薬用スカルプローションには、フケやかゆみを抑制するグリチルリチン酸2kなどの3つの有効成分が含まれています。

    また、Fortero(フォルテロ)薬用スカルプローションは、製品に効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されたことを認められた医薬部外品です。

    Fortero(フォルテロ)には育毛剤もある! 薬用スカルプローションの魅力と使い方を紹介

    2. 生活習慣を改善する

    生活習慣の改善は、頭皮のターンオーバーと関連しているため、脂っぽい頭皮環境の対策・予防において効果的です。ここでは、栄養と睡眠の観点から解説します。

    栄養バランスを考えた食事をとる

    脂質を多く含んだ食品をとりすぎてしまうと、皮脂の過剰な分泌の原因になることもあります。特に、飽和脂肪酸を多く含む、バターや牛脂などのラードは摂りすぎないように注意が必要です。

    また、ビタミンが欠如してしまうことで、皮脂が過剰に分泌してしまうこともありますので、バランスの取れた食事を心がけましょう。

    質の良い睡眠をとる・睡眠時間を確保する

    質の良い睡眠をとれると、脂っぽい頭皮環境の改善・予防に効果的です。睡眠時に多く分泌される成長ホルモンには、頭皮のターンオーバーを正常に行う働きがあります。

    特に入眠してから90分は、ノンレム睡眠(深い睡眠)にあたり、睡眠中で最も深い睡眠になります。深い眠りにつくためには、深部体温を下げることと良い目覚め(覚醒)が欠かせません。

    就寝90分前の入浴や2段階のアラーム(20分間隔)は質の高い睡眠のためには効果的な方法でしょう。

    3. ストレスをこまめに解消する

    ストレスを感じないように、こまめなストレス解消をすることは、健やかな頭皮環境を整えるためにも効果的です。交感神経が活発になると人はストレスを感じやすくなりますが、副交感神経を優位にさせるようなことをすると、ストレス解消につながります。

    特に、ストレッチなどの軽い運動には、副交感神経の働きを活発にする作用があります。30秒以上かけてゆっくりと筋肉を伸ばして深呼吸しながらこまめなストレス解消をこころがけましょう。

    健やかな頭皮と髪を目指してできることから始めよう!

    携帯電話を持ってこちらを見る男性脂っぽい頭皮の原因には、ヘアケア方法が良くない場合と生活習慣が悪い場合があります。シャンプーの種類ややり方、髪の乾かし方などはヘアケア方法として大切なポイントです。

    また、運動・栄養・休養は、生活習慣を構成する大きな要素です。バランスの取れた食事、適切な睡眠や適度な運動は、脂っぽい頭皮環境の予防・改善に効果的です。

    また、症状が気になる方や、改善をこころみても変わらない場合には、皮膚科などの専門機関を受診することをおすすめします。

    本記事を参考に脂っぽい頭皮環境から、健やかな頭皮環境を整えていきましょう。

    静的ストレッチで、副交感神経を活発に! – 神奈川県ホームページ

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)