頭皮が臭い理由とは? 気になるニオイを抑えるにはどうすればいいの?

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
鼻をつまむ男性
目次

    薄毛と同じように頭皮からのニオイが気になる方は多いでしょう。頭皮環境が悪化することで、頭からニオイが出てしまいます。例えば生活習慣が乱れてしまったり、誤ったヘアケアによって臭くなることがあります。

    そこで今回は、頭皮が臭くなる理由を紹介します。効果的な対策もあわせて紹介するので参考にしてみてください。

    なぜ? 頭皮が臭くなる理由とは

    両手で髪をかき上げる男性

    頭皮が臭うことで悩みを抱えている方は多いでしょう。臭くなることには原因があるので、悩みを解決したいときは、しっかりと原因と向き合うことが大切です。

    ここからは、なぜ頭皮が臭うのか原因・理由を紹介します。

    頭皮からニオイがするのはどうして?|皮脂のニオイが発生する理由

    頭皮からニオイがする主な理由は、頭皮に存在する雑菌が汗や皮脂に含まれるタンパク質などの成分を分解することでニオイが発生するからです。どのような方にも頭皮には菌が存在しており、全てがニオイの発生源になっているわけではありません。

    中には頭皮環境を整える常在菌もいるため、頭皮のニオイが全て臭いとは限らないのです。原因になるのは、ニオイを発生する雑菌が増えたり、エサとなるタンパク質などの成分が増えたりすることです。

    ニオイが臭くなる原因とは|皮脂と汗のバランスに注目

    頭皮のニオイが臭くなる原因は、皮脂と汗のバランスが悪くなることです。頭皮は皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在しており、たくさん分泌されてしまうことで強い臭いが発生します。

    また、汗の量が多いと頭皮の湿度が高い状態が続き、臭いの原因になる雑菌が繁殖しやすくなります。汗の中にも雑菌のエサになる成分が含まれるので、より一層増えやすくなるでしょう。

    このように、皮脂・汗の分泌量のバランスが崩れてしまうことによって臭いの強さが変わります。

    頭皮の毛嚢からは皮脂が分泌されやすい

    頭皮には毛根を包んでいる「毛嚢」が多く存在しています。この頭皮の毛嚢には皮脂腺があるため皮脂が分泌されやすいです。つまり、頭皮は体の中でも皮脂の分泌量が多く、臭いが発生しやすいといえるでしょう。

    加齢臭は汗と皮脂の成分変化で起きる

    頭皮の臭いは汗や皮脂などの成分が変化することで、臭いが変わることがあります。例えば、加齢臭は分泌された皮脂や汗の成分が酸化した状態で分解されることで、独特な臭いが発生します。これは、年齢を重ねることによって皮脂に過酸化物質を多く含むようになるからです。

    なぜバランスが崩れてしまうの? 原因を解説

    皮脂や汗の分泌バランスが崩れることで、頭皮の臭いが発生してしまいます。頭皮環境を整えるためにも、どのようなことが原因で皮脂・汗の分泌量が変わるのか把握しておきましょう。

    ここからは、皮脂・汗の分泌バランスが崩れる原因を紹介します。

    1. シャンプーのしすぎ・すすぎ残し|乾燥が過剰な皮脂分泌を招く

    シャンプーには皮脂を溶かして洗い流す役割があり、過度にシャンプーをしてしまうと皮脂がなくなってしまいます。皮脂がなくなってしまった頭皮は、乾燥を防ぐためにさらに皮脂を分泌してしまいます。

    他にも、シャンプーのすすぎ残しがあると頭皮環境が崩れてしまい乾燥しやすくなるのも原因です。このように頭皮が乾燥することで過剰な皮脂分泌を招いてしまいます。

    2. 大量の汗|雑菌が増えやすい環境に

    汗を大量にかくと頭皮が湿ってしまい、雑菌が増えやすい頭皮環境を作ってしまいます。また、汗にも皮脂と同じように臭いの原因になる雑菌のエサになる成分が含まれています。そのため、雑菌が増えてしまい臭いが発生してしまうでしょう。

    また、汗によって頭皮環境が崩れることも、皮脂分泌が増える要因になってしまいます。

    3. 偏った食生活|皮脂分泌が増加

    脂っこい食事を摂りすぎていると、体内の余分な脂肪分を排出しようと皮脂の分泌量が増えてしまいます。先程のように、頭皮は皮脂腺が多く存在しているため、皮脂分泌が過剰になってしまうでしょう。

    頭皮環境を清潔に保とうとしても、食生活が偏っていると臭いの原因を解消できないので注意が必要です。

    4. ストレス|男性ホルモンの増加

    頭皮の皮脂の分泌には男性ホルモンも関わっています。男性ホルモンの分泌量が増えると、比例して皮脂の分泌も増えてしまいます。日常の中でも、ストレスを感じると男性ホルモンが増えてしまうので注意が必要です。

    ストレスを完全に抑えることは難しいですが、できるだけストレスが溜まらないようにすることが大切です。

    今日からできる! 気になるニオイの悩みの対策方法を紹介

    髪を触りながらこちらを見る男性
    頭皮の臭いを解決するためには、原因を把握した上で効果的な対策を行いましょう。ここからは、頭皮の臭いを解決する対策方法を紹介します。

    1. ヘアケアを見直そう|正しいシャンプーの方法とは?

    ヘアケアを見直すことで頭皮環境を整え、皮脂や汗の分泌を正常な状態にしやすくなります。シャンプーの種類によって変わりますが、1日1回から2・3日に1回程度、皮脂の量に合わせてシャンプーを行うようにしましょう。

    また、季節によっても皮脂量は変わり、冬よりも夏の方が皮脂は分泌されやすくなります。

    洗う前のポイント|ブラッシングと軽いマッサージ

    洗髪する前はブラッシングと軽いマッサージを行いましょう。ブラッシングをして髪についたほこりがなくなることで、シャンプーの泡が立ちやすくなります。また、軽くマッサージをすることで血流が良くなるので、頭皮環境を整えやすくなるでしょう。

    洗う時のポイント|予洗いは念入りに・ゴシゴシ洗いすぎない

    髪を洗うときは、まずシャンプーをつけずにお湯(ぬるま湯)で下洗いをします。本洗いではシャンプーを直接頭皮につけるのではなく、手の平で十分に泡立ててから髪につけましょう。

    ゴシゴシと洗ってしまうと頭皮を傷めてしまうので、優しく指の腹でマッサージするように頭を洗います。

    流す時のポイント|すすぎ残しがないようにしっかりと

    先程の説明の通り、シャンプーの成分が頭皮に残った状態だと頭皮環境が崩れやすくなってしまいます。シャンプーの泡やコンディショナーが頭皮に残らないように、しっかりとすすいでください。

    特に前髪の生え際や耳の後ろなどは成分が残りやすいので注意しましょう。

    乾かす時のポイント|乾燥しすぎないように注意

    髪が湿った状態が続くと頭皮の雑菌が増えてしまうので、洗髪後は髪を乾かします。しかし、高温のドライヤーで長時間乾かすと髪や頭皮にダメージを与えるので注意が必要です。

    予めタオルでしっかりと水分を取っておくことで、ドライヤーの時間を短縮できます。

    2. 大量の汗をかいた時には|そっと拭く・早めにシャワーを

    大量の汗をかいたときは、頭皮にダメージを与えないようにそっと汗を拭くようにしましょう。ゴシゴシ拭いてしまうと頭皮を傷めてしまいます。汗の量が多いときは、早めにシャワーを浴びて頭皮の状態をリセットしましょう。

    3. 食生活を見直そう|バランスの良い食事を心がけよう

    脂っこい食事は脂質の量が多く、頭皮の皮脂量が増えてしまうので食生活を見直すことも大切です。特にバターや牛脂、ラード、肉類などは皮脂分泌が増えてしまう飽和脂肪酸が多く含まれているので注意しましょう。

    バランスが良い食事を心がけるとともに、ビタミンB群を多く含む食品を摂るのがおすすめです。ビタミンB群は脂肪の代謝を促進するため、皮脂量が抑えられます。他にもアルコールの過度な摂取や暴食によって、ビタミンB群は消費されてしまうので注意しましょう。

    4. ストレスを少しでも抑えよう|質の良い睡眠や軽い運動など

    ストレスの溜めすぎも頭皮環境を崩す原因になるので、ストレスを少しでも抑えるようにしましょう。また、質の良い睡眠を取ることでストレスを軽減できます。普段から軽い運動をすると、質の良い睡眠を取りやすくなります。

    ヘアケアと生活の見直しで頭皮のニオイを防ごう!

    鏡を見ながら頭皮を気にする男性
    頭皮から臭いが出るのは、頭皮環境が悪化し皮脂や汗の分泌バランスが崩れることが原因です。皮脂の分泌バランスが崩れる原因は複数あり、間違ったヘアケアや食生活、ストレスの溜めすぎなどがあります。

    頭皮の臭いを解決するためには、原因に対して適切に対処するようにしましょう。普段の生活を見直すことで臭いの発生原因を抑えられます。また、ニオイが続く場合や気になる場合はクリニックを受診するようにしましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)