フケの原因と対策を解説!|フォルテロシリーズでフケ対策を始めよう

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
髪の生え際のイメージ
目次

    頭皮の状態が悪くなると、髪に白いフケがついてしまいます。フケの量が多いと首や肩の部分に落ちてしまい、不潔な印象を与えてしまうため対策する必要があります。そのためにも、フケがどのように発生するのか原因を押さえておくと良いでしょう。

    そこで今回は、フケが出る原因や対策について紹介します。フケの予防に繋がるフォルテロシリーズについても触れるので参考にしてみてください。

    どうして出るの? フケの原因と対策を解説!

    手鏡で髪を見る男性
    頭皮環境が悪化するとフケが出てくるので、不潔な印象を与えてしまいます。フケの対策をするには、どのようなことが原因になっているか押さえておきましょう。

    ここからは、フケの原因や対策について解説します。

    気になるフケはどっち?|乾性・脂性

    フケには大きく分けて「乾性」と「脂性」の2種類があります。この種類によって特徴や原因、対策が異なるのでどのような違いがあるのか押さえておきましょう。

    また、フケの種類については以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

    フケの種類は2タイプある?頭皮の状態にあわせて原因と対策を詳しく解説!

    乾性タイプ|頭皮の乾燥などが原因で起きる

    乾性タイプのフケは頭皮の乾燥が原因で起こるものです。頭皮も顔や体の肌と同様に乾燥し、乾燥した角質はフケになり剥がれ落ちていきます。一般的に頭皮は、皮脂と汗が混ざった皮脂膜で覆われており、頭皮の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

    そこで、皮脂が不足することで頭皮が乾燥し、フケが出てしまうのです。皮脂不足の原因はさまざまで、加齢や偏った食生活、アトピー性皮膚炎などが考えられます。

    脂性タイプ|皮脂分泌が盛んなために起きる

    脂性タイプのフケは、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。頭皮には皮脂を好む常在菌のマラセチア菌がおり、皮脂量が増えると同時にマラセチア菌も増えます。このマラセチア菌が増えると頭皮に刺激を与える脂肪酸が増えてしまい、頭皮が荒れ(脂漏性皮膚炎)を起こしフケが出てしまいます。

    皮脂の過剰分泌は食生活の乱れが主な原因と言われており、バランスの良い食事を摂ることが大切です。

    年齢や世代で起きる原因に違いはあるの?

    フケは年齢や世代、性別によって原因に違いが出るので注意が必要です。ここからは、各年代ごとの原因について解説します。

    また、フケの原因については以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

    フケの原因とは? 日常生活でできるおすすめの対策方法を紹介!

    男性|男性ホルモンの影響を受けることも

    男性の場合、男性ホルモンの影響を受けて皮脂量が増えてしまうことがあります。女性と比較すると男性の方が、男性ホルモンの影響で2倍から3倍ほど多いと言われています。

    正しく頭皮ケアができていないと皮脂量が多い状態が続くため、脂漏性皮膚炎になりやすくフケが増えるのです。

    しかし、加齢に伴い男性ホルモンが減少すると皮脂量は減ってしまうため、頭皮は乾燥しやすくなります。そのため、乾性タイプのフケが出やすくなってしまいます。

    女性|ホルモンバランスの乱れで起きやすくなる

    女性もホルモンバランスの影響を受け、フケが出やすくなることがあります。

    女性ホルモンの1つであるプロゲステロンは、皮脂を分泌する役割があります。そのため、プロゲステロンの量が増える排卵期から黄体期は、脂性のフケが出やすくなるのです。

    また、40代以降になると頭皮や肌の潤いを保つエストロゲンの分泌量が減り、頭皮が乾燥しやすくなるため乾性のフケが増えやすくなります。

    子ども|ターンオーバーが早くスパンが短い

    子どもは大人と比べると、肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が早いです。特に新生児の場合は、皮脂の分泌量が多いため脂性のフケが出やすくなります。

    しかし、生後3ヶ月を過ぎると、皮脂量が急激に少なくなるため頭皮が乾燥しやすくなり、乾性のフケが出やすいです。

    子どもは肌の発達が未成熟であり、ターンオーバーが短くデリケートであるためフケが出やすくなっています。

    健康的な頭皮環境に! おすすめのフケ対策方法を紹介

    ここまでの説明の通り、フケは乾燥や皮脂量の増加など頭皮環境の乱れが原因で起こります。フケの量を減らすためには頭皮環境を健康にする必要があるので、ここからはおすすめのフケ対策について紹介します。

    1. 生活習慣を改善する|食生活・睡眠など

    頭皮の皮脂量は、生活習慣によって大きく変わります。そのため、食生活や睡眠などを改善することでフケを少なくできるでしょう。

    食生活は皮脂の分泌に大きな影響を与え、ビタミンBが不足すると皮脂量が増えて脂性のフケが出やすくなります。他にも、睡眠不足になると成長ホルモンが少なくなってしまい、頭皮のターンオーバーが乱れてしまいます。

    バランスの良い食事を摂り、十分に睡眠を取ることはフケ対策として有効です。

    2. ヘアケアを見直す|シャンプー選び・洗髪方法

    シャンプーや洗髪方法も、頭皮環境に影響を与えます。例えば、洗浄力が強すぎるシャンプーの場合、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そのため、フケで悩んでいる方は刺激が弱く頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

    また、シャンプーの洗い残しもフケの原因になるため、しっかり洗い流すことが大切です。

    症状が出ている場合は皮膚科へ相談してみよう

    フケの量が多過ぎる場合や、対策を十分に行っていても症状が改善されない場合は、皮膚科に相談するのもおすすめです。皮膚科などを受診することで、フケの原因が分かるだけでなく適切な治療も受けられます。

    他にも、自分に合ったシャンプーを教えてもらったり、食生活の指導を受けられたりします。

    フケ対策におすすめのフォルテロシリーズを紹介!

    フォルテロシリーズのイメージ
    フォルテロにはフケ対策におすすめの商品がいくつもあります。ここからは、各商品の特徴やおすすめの使い方を紹介します。

    汚れをきちんと落とす|カーボニックスカルプシャンプー

    フォルテロのカーボニックスカルプシャンプーは、汚れをしっかり落としますが頭皮に優しいのが特徴です。
    8,000ppmの超濃密炭酸泡により、頭皮の汚れを浮かして落とすため強く擦る必要がありません。汚れを落とすと同時に頭皮に刺激を与えます。さらに、厳選された7つの有用成分により、頭皮や髪に活力を与えます。

    効果を上げる使い方を紹介

    汗や皮脂が頭皮についている場合、1回では洗い流せないので2度洗いがおすすめです。洗髪するときは、髪を濡らす前にブラシや手ぐしで髪をほぐしておきます。

    まずは、38度くらいのぬるま湯で頭皮と髪全体を予洗いします。

    次に1回目のシャンプーをしてください。泡全体を頭皮の全体に押し付けるようにして馴染ませた後、しっかりとすすぎます。

    2回目は頭皮と毛穴の汚れを落とすため、頭皮や髪の根元を意識してマッサージをするように洗います。2回目もシャンプーが残らないようにしっかりとすすいでください。

    髪の毛に必要な栄養を与える|ヘアトリートメント

    フォルテロのヘアトリートメントは、髪の毛に必要な栄養を与えます。毛髪にハリやコシを与え、健やかな頭皮にするため以下の成分が含まれています。

    • 加水分解ケラチン:髪に潤いを与える
    • サトウキビエキス:消臭効果により汗臭を除去する
    • ショウガ根エキス:頭皮に刺激を与える

    効果を上げる使い方を紹介

    まずは、シャンプーで頭皮を清潔な状態にしましょう。フォルテロのヘアトリートメントを使う際は、カーボニックスカルプシャンプーと併用するのがおすすめです。

    シャンプー後にしっかりと水気を切ってから、適量のヘアトリートメントを手に取り、頭皮と髪に馴染ませていきます。

    このとき、頭皮をマッサージするようにすると効果的です。最後にマッサージが完了してトリートメントが全体に行き渡ったら、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぎ残しがあると頭皮環境が悪化する可能性があるので注意してください。

    低刺激でスッキリ爽快|薬用スカルプローション

    フォルテロの薬用スカルプローションは、効果効能が認可された医薬部外品であり、頭皮環境を整えます。

    薬用スカルプローションには、以下の3つの有効成分を配合しており育毛効果が期待できます。

    • ジフェンヒドラミンHCI:脱毛予防
    • グリチルリチン酸2k:頭皮環境の改善
    • センブリエキス:血行促進

    効果を上げる使い方を紹介

    シャンプーをして頭皮を清潔にした後、しっかりと乾かしましょう。頭皮が乾いたら気になる部分に3回から4回ほど、薬用スカルプローションをプッシュします。

    朝と夜の1日2回使用するのがおすすめです。頭皮に付けたら、指の腹で押し込むようにマッサージをするのがポイントです。

    フケ対策をしてトラブル知らずの頭皮と髪を維持しよう

    ガッツポーズをするスーツの男性
    フケの原因は、頭皮の乾燥や皮脂量が過剰に分泌されることによる頭皮環境の悪化です。性別や年代によって原因が変わるため、まずはどのような原因でフケが出ているのか探ってみると良いでしょう。

    フォルテロシリーズは健やかな頭皮環境の維持をサポートするため、それぞれの商品をセットで使ってみてください。自分に合ったフケ対策をして、健やかな頭皮環境を維持しましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)