頭皮の乾燥はなぜ起きるの? 乾燥が引き起こすトラブルとは?|おすすめのケア方法を紹介

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
頭を抱える男性
目次

    頭皮の乾燥はなぜ起きるのでしょうか?実は頭皮が乾燥してしまうことで、トラブルの原因になることもあります。フケやかゆみ、抜け毛や気になるニオイなどさまざまです。

    そこで本記事では頭皮の乾燥が起こる原因と引き起こすトラブル、おすすめのケア方法について詳しく解説します。

    なぜ? 頭皮が乾燥する理由を解説

    悩む男性
    頭皮が乾燥する理由には、乾燥肌で肌の保湿が十分でないことやシャンプーのしすぎ、洗い方の問題などが原因として挙げられます。

    ここでは、頭皮が乾燥してしまう理由について解説します。

    1. 乾燥肌(ドライスキン)

    頭皮が乾燥してしまう原因の1つとして、乾燥肌(ドライスキン)があります。乾燥肌の原因としてバリア機能の低下が挙げられます。

    人は、バリア機能が正常に働いていることで、肌の水分を保持し、水分の蒸発を防ぎながらアレルゲンなどの侵入を防いで刺激から肌を保護しています。

    しかし、肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)がうまくいかないことで、上質な皮膚を作り出せずバリア機能が低下してしまうのです。

    このように低下したバリア機能は乾燥肌を引き起こし、頭皮も乾燥させてしまうのです。

    2. シャンプー・洗い方

    過度な頻度でのシャンプーや自分の肌に合っていないシャンプーを使っていると、乾燥肌の原因になることもあります。

    これは皮脂が必要以上に落とされてしまうことで、バリア機能が低下し頭皮の乾燥を引き起こしてしまうことに原因があります。

    熱いシャワーなどで洗ってしまった場合も皮脂が必要以上に落ちすぎてしまい、頭皮の感想を引き起こす原因にもなってしまいます。

    3. ドライヤー

    過度なドライヤーは、髪の毛や頭皮の水分を奪ってしまいます。しかしこの本質的な原因は、ドライヤーをかけるまえのタオルドライが十分でないことが考えられます。

    タオルドライが十分にできていないと、ドライヤーをかける時間が長くなってしまい、頭皮の水分を蒸発させ、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

    また、ドライヤーを頭皮に近づけさせすぎてしまうことで、頭皮の水分を失ってしまっている可能性もあります。

    4. 生活習慣の乱れ

    実は、頭皮の乾燥には生活習慣も大きく関わっています。頭皮の環境を整えるためには、食生活で栄養を摂取することや、適切な睡眠が必要です。

    特に、睡眠不足に陥ってしまうことで、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまい、ターンオーバーが活発に行われなくなります。ターンオーバーが活発に行われないと、バリア機能を低下させ、頭皮の乾燥を引き起こす原因にもなります。

    5. 季節的なもの

    季節的な要因も、頭皮の乾燥を引き起こす原因です。特に冬は空気が乾燥していて、乾燥した空気が頭皮や皮膚の水分を奪います。さらに、晴れることが多い冬の気候は紫外線の影響もあり、頭皮の乾燥を加速させてしまうのです。

    乾燥が引き起こすトラブルとは?

    生え際を気にする男性
    頭皮の乾燥が引き起こすトラブルには下記の4つがあります。

    1. フケ
    2. 頭皮のかゆみ
    3. 抜け毛
    4. 頭皮のニオイ

    ここでは、これらについて、詳しく解説します。

    1. フケ|乾燥性のフケが発生する

    頭皮が乾燥すると、フケが出やすくなります。乾燥した頭皮を放置することで、湿疹が現れ、乾いた細かいフケがパラパラと落ちます。

    ただし、フケがでること自体は、正常なことです。本来頭皮や肌はターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)を繰り返していて、古くなった角質層がフケとして頭皮から剥がれます。

    しかし、フケが大量に出てしまう場合には、頭皮が乾燥しすぎて肌荒れを起こしている場合もあるので注意が必要です。

    2. かゆみ|バリア機能低下で刺激に弱くなる

    頭皮が乾燥することで、バリア機能が低下し刺激に弱くなって、かゆみが発症することもあります。頭皮や皮膚のバリア機能は、外的刺激から私たちの身体を守ってくれています。

    生活習慣の乱れなどから肌のターンオーバーが正常に行われなくなることで、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下することで、外的刺激にも弱くなってしまい、頭皮のかゆみなどの症状が現れるのです。

    3. 抜け毛|肌荒れが髪の成長に影響する

    頭皮の乾燥は、抜け毛につながることもあります。頭皮の乾燥状態が続くと、乾燥性湿疹になってしまうことがあります。乾燥性湿疹になってしまうと、頭皮のバリア機能が低下しかゆみなどが現れます。

    かゆみが現れるとかきむしってしまって髪の毛が抜けてしまうことも。また、頭皮のヒアルロン酸が乾燥によって減少すると肌の保湿や弾力性が失われてしまいます。頭皮のヒアルロン酸が減少すると、頭蓋骨が頭皮を押し上げてしまい抜け毛になってしまうこともあります。

    4. ニオイ|頭皮の常在菌がニオイを発生させることも

    頭皮の乾燥が頭皮のニオイの原因になってしまうこともあります。頭皮のニオイの原因は、皮脂量です。頭皮の乾燥状態が続くことで皮脂の分泌が盛んになります。この分泌された皮脂をマラセチアという常在菌(カビ)がエサにします。

    マラセチア(常在菌)が皮脂をエサにするときに、遊離脂肪酸を分解しノネナールを発生させます。このノネナールが独特のニオイを生み出しているのです。

    頭皮の潤いを保とう! おすすめのケア方法を紹介

    ジムでランニングをする男性
    頭皮の乾燥を防ぐためには、保湿がとても大切です。ここでは頭皮の潤いをたもつおすすめの保湿方法を紹介します。

    1. ヘアケアを見直そう

    頭皮の乾燥を防ぐために、ヘアケアを見直すことはとても大切です。肌に合ったシャンプーの使用やローションの使用、ドライヤーの正しい使い方や頭皮マッサージなどさまざまです。ここでは、この4つの頭皮ケアのポイントについて紹介します。

    おすすめのシャンプーは?|洗浄力と成分をチェックして選ぼう

    自分の肌に合ったシャンプーを選ぶことは、頭皮の乾燥を防ぐためにとても大切です。特に乾燥肌の人が高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーなどを使うと、洗浄力が高すぎて頭皮の乾燥の原因になってしまうことも。

    下記の図を参考にしながら、シャンプー選びを見直してみてください。

    頭皮湿疹を予防するおすすめのシャンプー種類
    乾燥肌の人脂性肌の人敏感肌の人
    アミノ酸系シャンプー
    ※保湿成分が含まれているもの
    高級アルコール系シャンプー
    石鹸系シャンプー
    ※髪への負担が少ないもの
    アミノ酸系シャンプー
    ※肌への刺激成分が配合されていないもの

    頭皮が乾燥しやすい人は、アミノ酸系シャンプーで保湿成分が含まれている商品を選ぶのがおすすめです。

    ローションやオイルで保湿ケアをプラス

    頭皮の乾燥を防ぐためには、ローションやオイルを使って保湿ケアをするのがとても大切です。特に、保湿力の高い育毛剤などを使えるとよいでしょう。

    ドライヤーはどう使う?

    頭皮の乾燥対策として、ドライヤーの使い方も大切です。ドライヤーを効果的に使うポイントは下記の4つ。

    1. 濡れた髪の水分をタオルドライしドライヤー時間を短縮
    2. 強風モードで根元から80%程度まで乾かす
    3. 弱風モードで前髪を乾かす
    4. 弱風と冷風モードで残りの20%を乾かして仕上げる

    最初に濡れた髪の水分をタオルドライすることで、ドライヤーを使う時間を短縮できます。また、強風モードを使って髪の毛を乾かすときには、風をうまく散らしながら、10cm以上離してドライヤーができるとよいでしょう。

    頭皮マッサージもおすすめ

    頭皮マッサージを行うのは乾燥対策として効果的です。なぜなら、頭皮をマッサージすることで血行が促進され、肌のターンオーバーがしやすい頭皮環境になるからです。

    本格的な頭皮マッサージでなくても、シャンプー中に指の腹で頭皮にあるツボなどをマッサージできるとよいでしょう。

    2. 生活習慣を見直そう

    生活習慣を見直すことは、頭皮の乾燥を防ぐ上でとても大切です。特に、運動・栄養・休養は、肌のターンオーバーと密接に関わっています。

    食生活|栄養バランスの偏りをなくす

    頭皮の乾燥を防ぐために、食生活を改善することは欠かせません。なぜなら、肌のターンオーバーは、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどがとても大切だからです。

    たんぱく質は、細胞を作り出すために欠かせない食品です。肉や魚介類、卵や乳製品といった食品をきちんと摂りましょう。

    またビタミンAやB6は、皮膚粘膜を正常にしたり、肌を保護する上で大切な栄養素です。ビタミンAやB6はレバーなどの食品に多く含まれています。

    加えて、肌の酸化を抑えるためにはビタミンCが欠かせません。赤ピーマンやセロリ、キウイやイチゴなどに含まれていますが、熱や流水でビタミンが崩れてしまうのでできるだけ生で摂りましょう。

    このように、食生活を見直し、栄養バランスの偏りを見直すことで、肌のターンオーバーを正常にできるので、頭皮の乾燥を防げます。

    睡眠|良質な睡眠をとろう

    頭皮が乾燥している場合には、睡眠リズムが肌のターンオーバーやバリア機能と関係が深いです。

    肌のターンオーバーを正常に働かせるためには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。成長ホルモンは、22:00~2:00の間に活発に分泌されます。また、成長ホルモンの分泌が最も活発なのは、入眠してから1回目に深い睡眠状態(ノンレム睡眠)の時です。

    入眠してから1時間ほどは、この深い睡眠状態(ノンレム睡眠)にあるため、22:00~2:00の間にノンレム睡眠状態に入れるとよいでしょう。

    運動|軽い運動を取り入れる

    運動は、肌のターンオーバーを促進するため、頭皮の乾燥に効果的です。特に有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)は、全身の血行を促進し、毛細血管まで栄養と酸素を運びます

    3. 加湿器を利用しよう

    部屋の乾燥が原因で頭皮が乾燥してしまうこともあります。日本人の平均睡眠時間は、6時間22分ということもあり、最低でも一日の3分の1近くを部屋で過ごします。

    この時間の中で乾燥した空気に頭皮がさらされてしまうと、頭皮が水分を失ってしまいます。加湿器をおいて湿度を保つのも、頭皮を保湿するために効果的な方法です。

    4. 症状が気になる場合は病院へ相談しよう

    頭皮が乾燥してフケやかゆみなどの症状が気になる場合には、無理にセルフケアせず病院に相談しましょう。

    すでに肌荒れが起きてしまっている場合は、皮膚科などの専門家に相談したほうが原因に沿った治療を受けられます

    乾燥を防いで健康的な頭皮と髪を保とう!

    ソファーでくつろぐ男性
    頭皮が乾燥する原因はさまざまですが、乾燥肌や頭皮のバリア機能が失われてしまうことが直接的な原因です。頭皮のバリア機能には、肌のターンオーバーが欠かせませんが、ターンオーバーには、運動・栄養・休養が欠かせません。

    また、シャンプーの種類やドライヤーの使い方などに原因がある場合もあります。もし、フケやかゆみの症状に困っている場合には、皮膚科などを受診することをおすすめします。

    本記事を参考にして、健康的な頭皮環境を整えましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)