頭皮が薄い…抜け毛や薄毛の理由は世代で違う? 対策方法はあるの?

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
悩む男性
目次

    「頭皮が薄い」
    「枕もとの抜け毛が増えた」
    「おでこが広くなったように感じる」

    年齢とともに薄毛や抜け毛が目立ってくると、上記のような悩みが出てくる方は多いでしょう。ただ、頭皮が薄くなる原因は年齢によって異なるため、世代や原因に合わせた適切な対応が必要です。

    この記事では、頭皮が薄くなる原因を世代別にわかりやすく解説します。全世代で共通して可能な、抜け毛や薄毛の対策方法もご紹介しています。ぜひ参考にしていただき、髪が薄くならないように改善していきましょう。

    頭皮が透けて見える…世代で違う薄毛になる理由とは?

    髪を気にする男性頭皮が透けて見える原因には、AGAや生活習慣の乱れなどさまざまな理由があります。この項目では、世代ごとで原因となりやすい理由をご紹介します。

    10代の薄毛|生活習慣の乱れ・ストレスなど

    進学や就職など環境の変化が激しい10代では、生活習慣が極端に乱れていたり、ストレスが溜まっていたりすることが薄毛や抜け毛に関係します。

    生活習慣の乱れ|偏食・睡眠不足など

    生活習慣の乱れはさまざまありますが、10代では偏食や睡眠不足などが挙げられます。

    たとえば、食生活が偏ってしまうと髪の成長に必要な栄養素を十分に摂取できません。栄養素が足りないので、当然髪は弱々しくなり薄毛や抜け毛が進行するでしょう。

    また、睡眠不足になると体内のホルモンバランスが乱れます。髪の成長にはホルモンが大切なため、バランスが崩れると薄毛になる可能性があります。

    ストレス|自律神経の乱れ

    ストレスが溜まるのも、髪には悪影響です。ストレスは、交感神経(内臓や消化器官、脂線の働きを調整する神経)へ刺激を加えます。交感神経に刺激が加わった場合、血管が圧縮して血の巡りが悪くなったり、皮脂を過剰に分泌したりする場合があります。

    その結果、頭皮環境が悪くなり薄毛や抜け毛が悪化する可能性が高いです。

    20代の薄毛|頭皮のダメージ・生活習慣の乱れなど

    20代の薄毛や抜け毛では、頭皮のダメージや生活習慣の乱れが大きな影響を与えます。

    頭皮のダメージ|傷や汚れなど

    パーマ液や整髪料などが頭皮に残っていると、かゆみや赤み(肌荒れ)などの頭皮ダメージを引き起こします。肌荒れやかゆみを放置しておくと、頭皮環境が悪化。皮脂が過剰分泌されて、フケが大量に出ることで、薄毛や抜け毛が進行します。

    生活習慣の乱れ|睡眠不足・暴飲暴食

    慢性的な睡眠不足や暴飲暴食は、頭皮環境に悪影響です。

    睡眠不足はホルモンバランスの崩れを引き起こすため、髪の成長を阻害します。

    暴飲暴食は、自律神経の中の交感神経を乱したり、睡眠の質を低下させたりすることで、髪や頭皮にマイナス効果です。

    30代~40代の薄毛|AGA・過度の飲酒など

    30代~40代になると、AGAや過度な飲酒などが薄毛や抜け毛の原因として有力です。

    AGA(男性型脱毛症)

    AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性に発症しやすい脱毛症のひとつ。

    男性ホルモンの一種「テストステロン」が、皮脂腺や毛乳頭に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくことが発症のきっかけです。

    2つが結びつくと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンが生まれます。DHTが頭頂部や生え際に存在する「男性ホルモンレセプター」に入り込むと、髪のヘアサイクルを乱します。

    これがAGAの大まかなメカニズムです。

    ヘアサイクルの乱れ

    AGAやFAGA(女性男性型脱毛症)は、発症することによってヘアサイクルを乱すことが薄毛や抜け毛の要因になります。

    人間の体毛には、ヘアサイクルと呼ばれる「毛が生え変わる周期」があり、大きく3つの期間に分けられます。

    • 成長期
    • 退行期
    • 休止期

    AGAになると、ヘアサイクルの中の「成長期」が短くなります。通常2年~6年近くある成長期が、数ヶ月から1年ほどに短くなるのです。成長期が短いため、毛が成長し切らず弱々しくなり、成長途中で抜け落ちます。その結果、頭皮が薄くなったり、生え際が後退したりするのです。

    生活習慣の乱れ|過度の飲酒など

    過度な飲酒も、頭皮環境には悪影響です。

    • 血行不良
    • 睡眠の質が下がる
    • DHTの増加
    • 髪の成長に必要な栄養素の不足

    お酒を飲み過ぎると、上記のようなデメリットがあります。そのため髪のことを考えると、過度な飲酒はできるだけ控えるのがおすすめです。

    50代以降|老化

    50代以降の薄毛には、多くの場合「老化」が影響します。年齢が進むと、毛根の細胞が死んだり、毛が抜けやすくなったりします。また、50代以降の方も「AGA」が起因して薄毛や抜け毛が発症する可能性は高いです。

    健康的な頭皮と髪の毛のために! 対策方法を紹介

    育毛剤を使う男性世代別で薄毛になる主な理由を解説しましたが、薄毛になる原因はさまざまです。そのため、それぞれの原因に合わせた適切な対応が大切になります。

    ただ世代を問わず、健康的な頭皮環境と髪の毛のためにできる対策が3つあるのでご紹介します。

    1. ヘアケアを見直してみよう!

    1つめの対策方法は、普段のヘアケアの改善です。ヘアケアとは、シャンプーや洗髪方法などを指します。ヘアケアを見直すことで頭皮環境を整えられ、薄毛や抜け毛の対策になります。

    ヘアケアの見直しポイントは、以下の3つです。

    頭皮に合ったシャンプーを選ぼう

    頭皮に合ったシャンプーを使うことが、ヘアケアのポイントです。乾燥肌の方や脂性肌の方など、頭皮の状態には、それぞれ特徴があります。自分の頭皮に合っていないタイプのシャンプーは、頭皮が荒れる原因です。

    たとえば、頭皮が脂性肌の方の場合、スカルプ系の成分が入った爽快感の強いシャンプーがおすすめ。洗浄成分が強いため、皮脂をしっかりと洗い流せます。

    乾燥肌の方は、アミノ酸系シャンプーが頭皮に潤いを与えてくれるのでおすすめです。このように、自分に合ったシャンプーを選んでヘアケアを行いましょう。

    カーボニックスカルプシャンプー

    髪を洗う時のポイントとは?

    洗髪方法を見直すことも、頭皮環境の改善に大切です。

    髪を洗う際に意識するポイントは、以下の4つ。

    • シャンプーをする前に、クシやブラシなどで汚れをとっておく
    • 一度髪をすすいで予備洗いを行う
    • 過度な洗浄にならないようにする
    • シャンプー後は、泡が残らないように洗い流す

    毎回このような項目を抑えつつ、洗髪を行いましょう。

    頭皮マッサージをしてみよう

    頭皮マッサージを取り入れるのも、髪が薄い方におすすめのヘアケアです。

    • 頭皮に刺激を与える
    • 顔のリフトアップ

    頭皮マッサージには上記のような効果があり、血行をよくすることで髪にたくさんの栄養素を届けられます。

    頭皮マッサージには、頭全体を指圧してみたり、ツボを抑えたりなどさまざまな方法があります。自分に合う方法を見つけて、定期的に行ってみましょう。

    『頭皮マッサージにはどんな効果があるの?何が必要?|おすすめ頭皮マッサージを紹介』

    育毛剤を使ってみよう

    育毛剤の使用も、髪が薄い方におすすめです。育毛剤を使用することで、頭皮環境を整えられ、健康的な毛の成長を促せるでしょう。

    【予約販売】薬用スカルプローション

    2. 生活習慣を改善しよう

    2つめの対策方法は、生活習慣の改善です。世代を問わず、生活習慣の乱れが頭皮の薄毛や抜け毛に影響している可能性があります。そのため、生活習慣をしっかりと見直していきましょう。

    以下は、簡単にできる4つの生活習慣の改善方法です。

    栄養バランスの良い食事をとろう

    生活習慣の見直しとして、栄養バランスのいい食事を取り、暴飲暴食を行わないようにしましょう。

    髪の大半は、「ケラチン」と呼ばれる物質で構成されています。ケラチンを生み出すには、亜鉛やタンパク質、ビタミン各種などのさまざまな栄養素が必要です。

    ひとつの栄養素だけを摂取するのではなく、バランスよく体内に取り込むことで、薄毛や抜け毛の対策になります。

    過度の飲酒を控えよう

    過度な飲酒を控えることも、生活習慣の改善に大切です。お酒の飲み過ぎは、血行不良や睡眠の質の低下、髪の成長に必要な栄養素の不足などさまざまなデメリットがあります。

    そのため、お酒は節度を持って飲むようにしましょう。厚生労働省が発表している1日の飲酒量の目安は、「アルコール20g」となっています。

    質の良い睡眠をとろう

    頭皮が薄い方や抜け毛が多い方は、睡眠をしっかりと取るようにしましょう。質の高い睡眠を取るには、以下のような方法を実践するのがおすすめです。

    • 就寝前にブルーライトに当たらないようにする
    • 寝る2時間前にお風呂に入る
    • 夕方以降にカフェインを摂取しない

    上記のポイントを抑えて眠ることで、スッキリとした朝を迎えられるでしょう。

    ストレスケアをしよう

    ストレスを溜めるのも髪にはよくありません。そのため、常日頃からストレスを溜めないようにしましょう。

    ストレスの発散方法は人によって異なります。運動をしたり、読書をしたりなどさまざまな方法があるので、自分に合ったストレスケアを行いましょう。

    もし、ストレスケアの方法がわからない方は、専門のクリニックに相談するのがおすすめです。

    3. クリニックに相談してみよう

    AGAやFAGA(女性型脱毛症)などの脱毛症は、基本的に難治性です。適切な対応を取らずに放置していると、薄毛や抜け毛は悪化します。そのため、少しでも症状が気になる方は、できるだけ早くクリニックに相談するのがおすすめです。

    AGAはどんな治療をするの?

    AGAは、フィナステリドやデュタステリドなどの成分が入った薬を飲む「内服薬」による治療を行うのが一般的です。

    このような内服薬は、専門の医療機関で診断をされてから入手できます。そのため、少しでも早く薄毛や抜け毛を改善したい方は、クリニックや専門施設に行くのがおすすめです。

    規則正しい生活とヘアケアで美しい髪と頭皮を維持しよう!

    ガッツポーズをする男性今回は、頭皮が薄い原因を世代別に解説しました。

    • 10代:生活習慣の乱れやストレス
    • 20代:生活習慣の乱れや頭皮へのダメージ
    • 30代・40代:AGAや過度な飲酒
    • 50代以降:老化やAGA

    上記のように、世代によって薄毛や抜け毛の起因となる可能性が高い理由は異なります。そのため、理由ごとに適した対応を取ることが、非常に大切です。

    ご紹介した日頃のヘアケアの見直しや生活習慣の改善は、抜け毛や薄毛の対策となるおすすめの対処方法です。

    ぜひ今回の記事を参考に、すぐにできる対策を始めて、健康的な髪や頭皮を維持しましょう。

    飲酒のガイドライン | e-ヘルスネット(厚生労働省)

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)