ハゲ初期に現れる毛髪と頭皮環境のトラブルとは?お悩みを解決する対策方法まで徹底解説!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
パソコンを見ながら顎に手を当てて考える男性
目次

    ハゲ初期に現れるサインには大きく分けて、毛髪のトラブルと頭皮環境のトラブルがあります。実際に抜け毛が多くなってきたり髪の毛が細くなってきた莉、かゆみ・フケが気になりだしたら体がサインを発しているかもしれません。

    そこで本記事では実際に起こりうるハゲ初期のサインと原因、そして予防・対策方法まで網羅的に解説します

    ハゲ初期に現れるのは毛髪と頭皮環境のトラブル

    腕組みして考える男性
    ハゲ初期に現れるサインとして、大きく分けて毛髪のトラブルと頭皮環境のトラブルがあります。ここでは、この2つで実際にどのようなハゲ初期のサインが現れるか解説します。

    ハゲ初期のサイン①毛髪のトラブル

    ハゲ初期のサインとして毛髪のトラブルがあります。毛髪のトラブルでは、下記の2つが主なサインとして現れます。

    1. 抜け毛が多くなり生え際が後退する
    2. 髪が細くなったりまとまりにくくなったりする

    抜け毛が多く頭頂部や生え際が後退する

    抜け毛が多くなり頭頂部や生え際が後退してきたら、もしかするとハゲ初期のサインかもしれません。実は、健康的な頭皮でも髪の毛は1日50~100本ほど自然に抜けます。しかし以前と比べて抜け毛の本数が明らかに増えた場合などには注意が必要でしょう。

    枕についている髪の毛の本数が増えたり、お風呂の排水溝に髪の毛が溜まるスピードが早くなったりした場合には、薄毛が進行している可能性があります。

    また、ハゲにもいくつかの種類がありますが、M字型ハゲやO字型ハゲが進行すると頭頂部の薄毛が目だったり、生え際が後退してきたりすることも。

    鏡を見た時に以前よりおでこが広くなってきた場合や頭頂部を触った時に、頭頂部の頭皮が割れる場合には、ハゲ初期のサインとして考えてもよいかもしれません。

    髪の毛が細くなったりまとまらなくなる

    ハゲ初期の髪の毛におけるトラブルとして、髪の毛が細くなってきたりまとまらなくなってきたりします。

    加齢に伴う男性ホルモンや遺伝の影響でヘアサイクルの乱れによって、髪の毛が成長しにくい環境に変化するためです。

    髪の毛が十分に育たないと1本1本の髪の毛のハリやコシがなくなってきて、細く柔らかい毛質へ変化するのでヘアセットがしにくくなったりすることも。

    このように、髪の毛が細くなってまとまりにくくなってきたと感じた場合には、ハゲ初期症状のサインとして考えられるでしょう。

    ハゲ初期のサイン②頭皮環境の悪化

    ハゲ初期のサインとして頭皮環境が悪化することも挙げられます。頭皮が硬くなってきたりかゆみ・フケなどが頭皮に現れてきたら注意が必要です。

    頭皮が硬くなったりかゆくなったりする

    頭皮が硬くなったりかゆくなったりしてくるのは、ハゲ初期のサインの可能性があります。頭皮は乾燥してくると硬くなり、頭皮の血液循環機能が低下します。

    頭の構造として側頭部には太い血管が通っているものの、頭頂部やこめかみ周辺には太い血管が通っていないません。頭皮の血液循環機能が低下すると、頭頂部やこめかみ部分へ栄養が届きにくくなってしまうのです。

    頭皮に栄養素が届きにくくなると、頭皮環境が悪化し負の循環に陥ってしまうことも。また、頭皮が乾燥してかゆみが増すこともハゲ初期のサインとしてあります。

    頭皮から出るフケの量が増える

    頭皮環境の悪化によってフケの量が増えることも、ハゲ初期のサインです。頭皮が乾燥してきたり脂っぽいフケがでてくることで頭皮環境が悪化し抜け毛が増えてしまうことも。

    頭皮から出るフケの量が増えたなと感じたときには注意が必要でしょう。

    ハゲ初期に現れるトラブルの主な4つの原因

    電話しながら頭を抱える男性
    ここではハゲ初期に現れるトラブルの主な原因として下記の4つについて詳しく解説します。

    1. 生活習慣の乱れ
    2. 間違ったヘアケア方法
    3. 過度なストレス
    4. 家族の薄毛

    ハゲ初期の原因①生活習慣が乱れている

    生活習慣の乱れはハゲにつながる原因の1つです。生活習慣には、運動・栄養・休養が一般的に知られています。

    睡眠は、自律神経の調整やホルモンバランスを整えるはたらきがあります。睡眠不足になってしまうと肉体的にも精神的にも疲労が溜まりやすくなり、皮膚の新陳代謝を低下させたり、皮脂を増加させたりすることも。

    また、運動不足になると血液循環機能が低下し頭皮へ栄養素が運ばれにくくなってしまいます。その結果として頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えたり髪の毛が細くなったりします。

    さらに、栄養素が偏ってしまうと髪を育てる材料が足りなくなってしまうため、ヘアサイクルが乱れたり頭皮環境が悪化したりすることがあります。

    このように生活習慣と頭皮環境・髪質は深く関わっているのです。

    ハゲ初期の原因②間違ったヘアケア方法をしている

    間違ったヘアケア方法は、頭皮環境悪化を招くことがあるのでハゲにつながる可能性が高いです。例えば使っているシャンプーの種類によっては、皮脂が落ちすぎたり残りすぎている場合があります。

    適切な量の皮脂は髪を守る役割がありますが、洗浄力が強すぎると皮脂を落としすぎてしまい、頭皮で失われた皮脂を補おうとして、かえって過剰に皮脂が分泌されてしまうことも。

    皮脂が過剰に分泌されると、男性ホルモンが増えてDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増加し、抜け毛や薄毛といったことにつながります。

    このように間違ったヘアケア方法が皮脂の過剰分泌を招き、頭皮環境を悪化させてしまうのでハゲの原因になることがあります。

    ハゲ初期の原因③過度なストレスをかかえている

    過度なストレスはハゲの原因の1つでもあります。ストレスは自律神経を乱してしまったり、身体の緊張状態を引き起こしたりします。

    身体が緊張すると、血液循環機能が低下し頭皮へ栄養が運ばれにくくなってしまいますし、ストレスはホルモンバランスを乱します。ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンの分泌量が低下すると、髪が育ちにくくなったり、臓機能が低下して消化不良に陥るため栄養不足の状態になったりしてしまうことも。

    このように、過度なストレスは自律神経やホルモンといった生理的な現象に影響を及ぼすため、結果的にハゲの原因につながることが挙げられます。

    ハゲ初期の原因④家族に薄毛の人がいる

    父親や祖父が薄毛だった場合、遺伝的にハゲになってしまうこともあります。そもそもハゲの原因になる遺伝的な要素には下記の2つの要因があります。

    1. 5αリダクターゼの活性
    2. アンドロゲンレセプターの感受性

    5αリダクターゼは男性ホルモン(テストステロン)と結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、頭皮の細胞活動を阻害してしまい薄毛や抜け毛につながります。

    なぜならばDHT(ジヒドロテストステロン)とアンドロゲンレセプターが結びつくことで髪の毛の成長が弱まってしまうからです。

    このアンドロゲンレセプターは栄養素を毛母細胞へ働ける役割を果たす毛乳頭細胞の遺伝子の1つで、遺伝子的にアンドロゲンレセプターの感受性が高いと健やかな頭皮環境につながりにくく遺伝的に薄毛やハゲにつながってしまうのです。

    ハゲ初期の悩みを解決する3つの予防・対策方法

    ストレッチする男性
    ここまでは、ハゲの主な原因について解説しましたので、ここからはハゲの予防・対策方法について詳しく解説します。

    運動・栄養・睡眠といった生活習慣を改善する

    ハゲと生活習慣(運動・栄養・睡眠)は密接に関わっていることはすでに解説しましたが、具体的にどのような生活習慣を心がければよいのでしょうか。

    必要な睡眠時間は人によって異なりますが、一般的には7~8時間が理想的とされています。そのうえで、入眠時間を一定に決めたり、入眠前にPCやスマートフォンを見ずにリラックスできる時間を作ることで睡眠の質も高まります。

    また、現代社会の日本人はたんぱく質摂取量が足りていないということが国民栄養調査の中で明らかにされています。髪の毛の主成分になる栄養素はたんぱく質なので、肉類・魚類・大豆類・乳製品類などを積極的に取りましょう。

    ビタミンや亜鉛は、たんぱく質を体内で生成するのに役立つため、野菜やレバーなどもおすすめの食品です。

    また、有酸素運動は心臓・肺の機能を強化し抹消の血液循環機能を高めてくれるため、非常に効果的です。散歩・ウォーキング・ダンス・ランニング・自転車・水泳などが代表的で、人と話しながらできる程度のペースで実施できるとより効果的です。

    ヘアケア方法を改善する

    よくあるヘアケア方法の間違いとして、自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使用してしまうことがあります。

    シャンプーの選び方は、脂性肌の人と乾燥肌の人で変わります。乾燥肌・敏感肌の人であれば、アミノ酸系シャンプーで保湿成分が含まれていて、肌への刺激成分が配合されていないものが望ましいです。

    一方で脂性肌の人であれば、高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーなど洗浄力の強いもので、髪への負担が少ないものを選ぶとよいでしょう。

    自分の肌にあったシャンプーを選ぶことで、余分な皮脂を落とすことや、反対に皮脂を落としすぎないことにつながるため、健やかな頭皮環境を整えやすくなります。

    専門機関を受診する

    専門機関の受診はハゲ初期の悩みを解決することにもなります。ハゲを治療するためには皮膚科と薄毛治療専門クリニックの2つがあります。

    皮膚科は「抜け毛抑制」の治療を主な対象範囲としている一方で、薄毛治療専門クリニックは「抜け毛抑制+発毛」の治療を主な対象範囲にしています。

    専門機関の治療では、内服薬や外用薬を使って5αリダクターゼの働きを抑える、薬剤治療が一般的です。

    ハゲ初期に自身を見つめなおし健やかな頭皮環境を整えよう

    ビル背景に空を見上げるスーツの男性
    ハゲ初期のサインとして、毛髪のトラブルと頭皮環境のトラブルがあります。抜け毛が増えて頭頂部や生え際が後退したり、髪の毛が細くなったりしてまとまらなくなることがハゲ初期の毛髪トラブルの例として挙げられます。

    また、頭皮環境が悪くなって硬くなったりかゆみ・フケが気になることもハゲ初期のサインとしてあります。これには、生活習慣の乱れや間違ったヘアケア方法、過度なストレスや家族からの遺伝といったいくつかの原因があります。

    自分自身のハゲ初期の原因を見つめなおし、生活習慣を整えたりヘアケア方法を見直したりすることで、予防・対策ができるでしょう。場合によっては専門機関を受診して本格的に治療するのも1つの手段です。

    本記事を参考にしてハゲ初期のサインに気づき予防・対策をしましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)