薄毛育毛剤の効果的な選び方のコツとは?頭皮の状態がカギになる理由について解説!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
カメラと頭皮の写真
目次

    薄毛育毛剤って色々種類があってどれを選んでいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。カギとなるのは、自分自身の頭皮の状態があります。

    ここでは、頭皮の状態が薄毛育毛剤の選ぶポイントになる理由と、実際の選び方について詳しく解説します。

    薄毛に効果的な育毛剤選びは薄毛の気になり方によって異なる

    スポイトで瓶から化粧品を出す様子
    薄毛で悩んでいる人が効果的な育毛剤を選ぶためには、薄毛の気になり方が大切です。薄毛対策のケアとして育毛剤と発毛剤があります。育毛剤と発毛剤は目的や効果が違うので頭皮の状態に合わせて選ぶのがポイント。

    育毛剤は、既にある髪の毛を維持するのが目的である一方で、発毛剤は毛量を増やすことが目的です。加えて、育毛剤と発毛剤は薬機法の分類でも明確に異なっていて、育毛剤が医薬部外品であるのに対して発毛剤は医薬品にあたります。

    育毛剤には、頭皮に栄養を与えたりすることによって、頭皮環境を整えることが主な効果ですが、発毛剤には発毛成分であるミノキシジルが配合されているので、髪の発毛促進の効果が期待できるのです。

    つまり、髪の毛を育てたいのか、生やしたいのかによって、育毛剤を選べばよいのか発毛剤を選べばよいのかが変わります。

    髪のボリュームダウンやハリ・コシの低下には育毛剤がおすすめ

    髪のボリュームアップやハリ・コシのある髪にしたいと思っているのであれば、育毛剤を選ぶのがおすすめです。

    育毛剤は、髪に栄養を届けるのに効果的なので、ハリ・コシのある髪を育む頭皮環境を整えるのに最適です。頭皮環境が整うことで、抜け毛や切れ毛を予防できることもメリットの1つ。

    髪の脱毛が多くなってきた場合は発毛剤がおすすめ

    脱毛が気になる場合には、育毛剤よりも発毛剤がおすすめです。発毛剤は薄毛の治療として使われる医薬品です。

    発毛剤にはミノキシジルという発毛成分が含まれていて、薄毛や抜け毛につながっているヘアサイクルを正常に戻して新しい髪の毛を発毛させて毛髪を頭皮に定着させる効果があります。

    目的は主に治療と改善ですがもし頭皮の状態が気になる場合には、専門機関を受診して専門医に適切な処置をしてもらうのをおすすめします。

    育毛剤とは抜け毛の予防を目的とした医薬部外品

    スプレーボトルを持つ手
    育毛剤は、医薬部外品として分類されていて抜け毛の予防を目的としています。表示として薬用育毛剤と表示されている製品は、この医薬部外品で有効性が認められた成分が配合されています。

    主に配合されている成分としては、大きく分けて下記の3種類と成分があります。

    育毛剤に含まれている有効成分
    発毛促進成分・センブリエキス
    ・人参エキス
    ・パントテニルエチルエーテル
    ・ペンタデカン酸グリセリド
    ・アデノシン
    頭皮環境改善成分・クジンエキス
    ・セファランチン
    ・ジフェンヒドラミン塩酸塩
    ・サイトプリン
    ・イソプロピルメチルフェノール
    抜け毛予防成分・t-フラバノン
    ・エチニルエストラジオール
    ・フィナステリド

    育毛剤には、このような有効成分が含まれているため、頭皮環境を整えることや、ハリ・コシのある毛を育てる・抜け毛を予防するといった効果が期待できます。

    育毛剤の働きと期待できる効果

    育毛剤には、血液循環を良くする成分や頭皮に栄養を与えて健康的な頭皮環境を整える効果があります。

    健康的な頭皮環境を保てると、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルを予防することにもつながります。抜け毛や薄毛に悩んでいる人だけではなく、幅広い人のヘアケアとして役立つのが育毛剤です。

    フォルテロ薬用スカルプローションは3つの有効成分が配合されていて、育毛を強力にサポートしてくれる製品です。

    センブリエキスとジフェンヒドラミンHClという2つの成分が発毛促進をしてくれます。

    フォルテロ薬用スカルプローション

    育毛剤の使用で起こりうる頭皮のトラブル

    育毛剤の使用で起こりうる頭皮のトラブルとしては、かゆみ・かぶれ・ふけ・赤み・発疹などがあります。

    育毛剤の副作用で起こりやすいケースとして、下記の4つがあります。

    1. 成分が目的以外の場所に作用してしまう場合
    2. アレルギーや持病など成分と相性が悪い体質である場合
    3. 飲み方や使い方を間違えている場合
    4. 風邪や寝不足などの体調不良で過剰に身体が反応してしまう場合

    もし育毛剤を使用していて、こうした頭皮のトラブルが起きた場合は、医師や薬剤師などの専門機関に相談してみるのがおすすめです。

    発毛剤とは脱毛症を対象とした薄毛の治療に使われる医薬品

    化粧品の瓶
    発毛剤は、新しい髪を増やす発毛効果が認められた医薬品を指します。育毛剤が薄毛や抜け毛を予防するケア用品だとしたら、発毛剤は薄毛や抜け毛を改善するケア用品です。

    発毛剤には、発毛効果のある有効成分であるミノキシジルが配合されています。ミノキシジルは、発毛効果が医学的に認められている外用薬として唯一の成分です。

    発毛剤の働きと期待できる効果

    発毛剤にはミノキシジルが配合されていて、頭皮の毛乳頭細胞を刺激することで毛母細胞を活性化させ発毛を促進することができます。

    さらに、男性ホルモンの影響で短縮化されたヘアサイクルを正常化し、薄毛を根本的に改善する効果が期待できます。

    ただし、男性ホルモンに作用する製品なので国内で流通している多くの製品が未成年使用不可と定められています。

    発毛剤の使用で起こりうる頭皮のトラブル

    発毛剤の使用で起こりうる頭皮のトラブルとしては下記のようなことがあります。

    1. 初期脱毛:ミノキシジルで毛母細胞が活性化することで休止期の髪が自然に抜ける
    2. 息切れ:ミノキシジルによって血液循環機能が高まりすぎてしまう
    3. 赤ら顔:ミノキシジルによって血液循環機能が高まりすぎてしまうことで顔が赤くなる
    4. 立ちくらみ:ミノキシジルには血圧を下げる働きがあり急に立った時に起こる

    また、発毛剤には外服する場合と内服する場合があります。医師などの処方を受けた場合には、内服薬を手に入れることもできます。

    内服薬の場合には、肝臓へ影響があったり、体毛が濃くて悩んでいる場合は、毛髪以外にも影響してしまうこともあるので他の悩みが増えてしまうことも。

    加えて内服薬の副作用として顔や足のむくみなども報告されています。もし、頭皮以外にも発毛剤を使用していてトラブルがあった場合は、専門機関を受診することをおすすめします。

    薄毛には効果的な用品を選んで使いましょう

    パソコンで仕事をする男性
    薄毛には、自分の頭皮にあった用品を選んで使うことが大切です。既に生えている毛髪をハリ・コシのある髪にしたい・頭皮環境を整えたい・抜け毛を予防したいといった場合には、育毛剤を使うことをおすすめします。

    一方で、抜け毛がすでにたくさんあって、発毛を促進したいということであれば発毛剤を使う必要があります。

    このように育毛剤と発毛剤には目的が異なるので期待できる効果もちがいます。本記事を参考にして、自分の頭皮状態にあった製品を選び、健やかな頭皮環境を目指しましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)