薄毛は対策できる? 薄毛になる原因とは? おすすめの対策方法を解説!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
頭を抱える男性
目次

    薄毛は多くの人にとって深刻な悩みになってしまいます。薄毛にはいくつかの原因が考えられるので、その原因と向き合い対策を実践することが大切です。また、薄毛の原因によってはクリニックを受診する必要があるので注意しましょう。

    まずは、薄毛の原因や対策について押さえておきましょう。

    薄毛は対策できるの? 薄毛になる主な原因を解説!

    髪をかきあげる男性
    薄毛で悩む方は多いですが、薄毛になる原因によってはしっかりと対策することで改善できることもあります。薄毛の悩みを改善するためには、まずはどのようなことが原因で薄毛になってしまうのか押さえておきましょう。

    1. 男性ホルモンによる影響

    薄毛になる第一の原因は、男性ホルモンの一種である「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。このDHTは男性ホルモンの「テストステロン」が、頭皮に存在する「5αリダクターゼ」という酵素と反応することで生まれます。

    髪の毛は毛根にある毛母細胞が細胞分裂することで成長しますが、DHTは毛母細胞の働きを低下させてしまいます。そのため、長く成長するはずだった髪の毛が途中で成長をやめてしまい、短期間で抜けてしまうのです。

    この状態が複数の髪の毛で同時に起こることで、頻繁に髪の毛が抜けてしまい薄毛になってしまいます。

    2. 生活習慣の乱れ

    薄毛は普段の生活習慣の乱れによっても引き起こされます。生活習慣の中でも、食生活・睡眠不足・過度の飲酒や喫煙が原因になり安いと言われています。それぞれの具体的な仕組みについて詳しく見ていきましょう。

    食生活|栄養不足・バランスの偏り

    食生活の乱れによって髪の毛が成長するために必要な栄養が不足したり、バランスが偏ったりします。例えば、髪の毛の材料になるタンパク質や成長をサポートする亜鉛が不足すると、髪の毛は適切に成長しません。

    他にも、脂っこい食事ばかりで脂質を多く摂っていると、皮脂の分泌が増えてしまい頭皮環境が悪化してしまうでしょう。このようなことが原因で薄毛が進行してしまいます。

    睡眠|成長ホルモン不足・ストレスの蓄積

    睡眠中には髪の成長を促す成長ホルモンが多く分泌されます。そのため、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、毛髪の成長を阻害してしまうでしょう。

    他にも、睡眠不足によってストレスが蓄積され薄毛に繋がってしまいます。

    過度の飲酒・喫煙|血流量の減衰・栄養不足

    過度な飲酒や喫煙も薄毛を引き起こす原因になってしまいます。ほど良い飲酒は血管を拡張させて血流を良くする効果がありますが、飲み過ぎてしまうとかえって血流が悪くなってしまいます

    また、人体はアルコールを分解するためにミネラルやビタミンを消費します。これらの栄養成分は、髪の毛の成長にも必要なので、過度にアルコールを摂取することで栄養不足になってしまいます。

    喫煙は血管を収縮させる働きがあり、頭皮への血流も低下してしまいます。そのため、頭皮に運ばれるはずの酸素や栄養が不足してしまい、薄毛を進行させることになるのです。

    3. 頭皮のトラブル

    頭皮環境の悪化による頭皮トラブルも薄毛の大きな原因になります。ここからは頭皮トラブルについて紹介します。

    血行不良|栄養が行き渡らなくなる

    頭皮環境が悪化すると、頭皮の血行不良が起こります。血流が悪くなることで必要な栄養が届かなくなるので、髪の毛が適切に成長できなくなり途中で抜けてしまいます。

    頭皮環境の悪化|紫外線や合わないシャンプーによる影響

    頭皮はさまざまな害的な要因で環境が悪化してしまいます。例えば、夏など日差しが良いと紫外線によるダメージを受けてしまいます。他にも、頭皮に合わないシャンプーを使うことで、頭を守る役割がある皮脂が落ち過ぎてしまい、過剰に皮脂を分泌することにも。

    このような頭皮環境の悪化により、髪の毛もダメージを受けて抜け毛に繋がってしまいます。

    4. ストレス

    ストレスは頭皮の血管を収縮させ、血流を悪くするので必要な栄養が届きにくくなります。栄養不足の状態が続くと髪が十分に成長できないので、途中で抜けてしまうでしょう。

    他にも、ストレスは髪の毛の成長に必要なホルモンのバランスを崩してしまうので、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

    薄毛や抜け毛を改善・予防するおすすめの対策方法を紹介!

    薄毛を気にする男性
    ここまでの説明の通り、薄毛にはさまざまな原因があるのでその原因に合った対策を行えば改善・予防に繋がります。

    ここからは、薄毛・抜け毛の改善・予防に繋がる方法を紹介します。

    1. 生活習慣を見直そう

    まずは、生活習慣の見直しを行いましょう。ここからは、どのように生活習慣を改善するのか具体的な方法を紹介します。

    食生活|バランスの良い食事を心がけよう

    髪をしっかり成長させるためには、髪の毛をつくる栄養・頭皮環境を整える栄養・抜け毛に効果的な栄養を摂ることが大切です。

    先程の説明の通り、髪の毛をつくるタンパク質や亜鉛などを積極的に摂るようにしましょう。ビタミンやビオチン、コラーゲンは頭皮環境を整え、大豆イソフラボンやシスチン・メチオニンは抜け毛に対する効果が期待できます。

    睡眠|良質な睡眠をとろう

    睡眠不足を解消するためには、睡眠時間を確保するだけでなく良質な睡眠を摂るようにしましょう。寝る前にスマホやパソコンを操作していると、発している光が睡眠の妨げになってしまいます。寝る前にはスマホを操作するのをやめて、寝やすい環境を整えましょう。

    飲酒や喫煙|飲酒は適度に

    適度なアルコールは血流を増大させますが、摂り過ぎると悪影響なので注意しましょう。喫煙は血管を収縮させるなど悪影響が大きいため、できるだけタバコを吸わないようにするのがおすすめです。

    タバコの有害物質は排出するためにはビタミンCを多く消費するため、喫煙する場合はできるだけ多くビタミンCを摂るようにしましょう。

    運動|生活に軽い運動を取り入れよう

    運動不足の状態だと、頭皮環境が悪化しやすくストレスも溜まりやすいです。軽い運動でも生活に取り入れることで運動不足を解消できるだけでなく、頭皮の血行を良くする効果も期待できます

    いきなり運動を始めるのが難しい場合は、簡単にできる早歩きなどから始めてみると良いでしょう。

    2. ヘアケア方法を見直そう

    普段のヘアケアも薄毛・抜け毛の原因になり得るので、正しいヘアケア方法を知っておきましょう。ここからは具体的な方法を紹介していきます。

    シャンプー選び|髪や頭皮に優しい成分とは?

    まずは、髪や頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。アルコール系のシャンプーは必要以上に皮脂を落とし過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。髪の毛の成分に近いアミノ酸系のシャンプーであれば、髪や頭皮に優しいのでおすすめです。

    Forteroカーボニックスカルプシャンプー

    シャンプー方法|正しい洗い方を知ろう

    シャンプーをするときは、ゴシゴシ洗うのではなく髪の毛のダメージを抑えられるように意識することが大切です。

    まずは、シャンプーを始める前に優しく髪をブラシでとかします。その後、いきなりシャンプーをつけるのではなく、ぬるま湯で髪を洗ってから手でシャンプーを泡立て優しくマッサージをするように洗いましょう。

    爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまうので注意してください。また、ドライヤーの熱は髪を傷める原因になるので、タオルでしっかり水分を取ってから20cm以上離して熱風を当てるようにしましょう。

    頭皮マッサージ|頭皮の血行改善におすすめ

    頭皮の血流を刺激するマッサージも効果が期待できます。ただしマッサージをするときは爪を立てず、指の腹で「痛気持ちいい」程度の圧をかけるのがポイントです。

    育毛剤・発毛剤|健康的な頭皮と髪の毛に

    髪や頭皮の状態を健康に保つためには、育毛剤や発毛剤を使うのもおすすめです。育毛剤により髪の成長をサポートすることで、将来的な薄毛を予防する効果が期待できるでしょう。

    Fortero薬用スカルプローション

    3. こまめにストレス解消しよう

    ストレスが溜まると頭皮の血流を悪くなってしまうので、小まめにストレスを解消しましょう。特別なことをしなくても、軽い運動や親しい人と話すだけでもストレスは解消できます。他にも、映画を見るなど少しずつでもストレス解消に繋がることを取り入れましょう。

    4. 医師に相談する・治療を受ける

    症状が改善されない場合やどうしても気になる場合は、自己判断ではなく医師に相談するようにしましょう。専門的な知識がある医者による治療やアドバイスを受けることで、現在の状況を改善できるでしょう。

    AGA(男性型脱毛症)とは

    薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)の場合は治療が必要です。AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略で男性型脱毛症のことです。男性ホルモンが原因で薄毛になる症状であり、生活習慣の改善だけでは症上が軽減しないことがあります。

    治療には外用薬が必要なので、クリニックを受診する必要があります。

    できることから始めて頭皮と髪を健やかに保とう!

    鏡で髪を見る男性
    薄毛の主な原因は、生活習慣の乱れや誤ったヘアケア、ストレスなどです。生活習慣を見直すことで、薄毛の原因の対策になります。

    しかし、男性ホルモンが原因のAGAの場合は治療が必要なので速やかにクリニックを受診するようにしましょう。できることから薄毛対策を始めて、髪と頭皮を健康に保ってください。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)