M字・U字ハゲで生え際が後退してきたと悩んでいるあなたへ|薄毛の特徴と短中長期対策を徹底解説!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
スマホを見て頭を抱える男性
目次

    鏡をみたときに生え際が後退してきたかも?と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。生え際が後退してくるとM字型のハゲになってしまったり、U字型のハゲになってしまったりすることがあります。

    本記事では、M字・U字ハゲにすぐに対処して見た目を変える方法と、中長期的に対策する方法を解説します。

    ハゲで生え際が後退してきたら短期・中長期の対策方法が効果的

    笑顔で商談中の男性
    ハゲで生え際が後退してきたときの戦略として、短期で対処する方法と中長期で対策する方法があります。

    短期的な対策として、髪型を変えてハゲを目立たせにくくする方法があります。一方中長期的な対策としては、生活習慣の見直し、ヘアケア方法の見直し、専門機関の受診などが効果的な方法でしょう。

    ハゲのタイプと特徴

    頭皮のアップ画像
    ハゲのタイプには大きく分けて下記の3つのタイプがあります。

    1. O字型
    2. M字型
    3. U字型

    O字型は、生え際の後退ではなく、頭頂部の薄毛・脱毛によってハゲてくるタイプなのが特徴です。

    ハゲに明確な基準はありません。しかし、1日100本以上毛が抜けたり、細く短い毛が増えたりしてくると、ハゲが進行しているサインかもしれません。

    下記では、生え際の後退によるハゲに悩んでいる人に向けて、M字型のハゲとU字型のハゲの特徴にわけて詳しく解説します。

    ハゲのタイプ①M字タイプ

    M字タイプのハゲは、生え際が後退して前から見た時にM字のような後退をするタイプを指します。

    明確な定義があるわけではないですが、左右の生え際が剃りこんだように後退している場合はM字ハゲが進行しているか予備軍である可能性が高いです。

    眉を上げた時にできる一番上のしわと生え際の間が指2本分以上後退しているかどうかが、M字ハゲの目安です。

    ハゲのタイプ②U字タイプ

    U字タイプのハゲの場合は、M字タイプのハゲと違い正中線に位置する毛から後退します。最近前髪が薄くなってきて後退してきたなと感じたら、U字ハゲの可能性もあります。

    U字ハゲの判断基準は、眉毛の上から指4本分以上入るかどうかが目安になります。眉毛の上から生え際までの間がそれ以上あいている場合は、U字ハゲが進行しているか予備軍である可能性が高いです。

    すぐに対処できるハゲのタイプに合わせた髪型チェンジ

    打ち合わせ中の男性と女性複数
    ここまで髪の毛の生え際が後退して悩んでいる人に、M字・U字ハゲの特徴と目安についてお伝えしました。

    実際に当てはまったとしても焦りは禁物です。ここでは、M字・U字ハゲかもしれないと思
    った人がすぐに対処できる髪型チェンジの方法について紹介します。

    M字ハゲにおすすめの髪形

    M字ハゲにおすすめの髪型のポイントは、前髪です。前髪を長め・重めにした髪型にすると左右の生え際の後退が目立ちにくくなります。重め・長めにカットした前髪はセンターパートに近い6:4の割合で分けるとM字ハゲの特徴をうまく隠しやすいでしょう。完全なセンターパート(5:5の割合)にしてしまうと、基本的に左右非対称にできている人間の顔に合うことが少ないです。

    また、ウェット系のスタイリング剤を使用してしまうと、生え際の部分が透けやすくなってしまいます。マット系のワックスやクリーム、スプレーなどを使って髪型をセットしてあげると、M字ハゲをうまく隠すことができるでしょう。

    U字タイプにおすすめの髪形

    U字タイプのハゲにおすすめの髪型は、サイドやバックの長さを短めにすることです。特にサイド部分のボリュームがでて膨らむと、前頭部の髪の毛の薄さが強調されやすくなってしまいます。

    薄くなっている前頭部よりも、サイドやバックを短くすることでトップ部分のボリュームを強調しやすく、U字ハゲを目立ちにくくしてくれるでしょう。

    サイドのボリュームを前頭部よりも少なくするため、髪は短いほうがU字ハゲを隠しやすくなります。

    中・長期的に生え際にアプローチする対策方法

    プレゼンで画面を指し示す男性
    M字・U字ハゲの短期的な対策方法はお伝えしましたが、根本的な問題が解決するわけではありません。ここでは、中長期的にM字・U字ハゲの問題を解決する対策方法について紹介します。

    生え際の後退へのアプローチ①生活習慣を見直す

    生え際後退へのアプローチ方法として、生活習慣(運動・栄養・休養)を見直すことはとても大切です。生活習慣は、頭皮環境と深く関わっています。

    ポイントは下記の3つです。

    1. 頭皮へ栄養素を届かせる血液循環機能
    2. 髪の材料となる栄養素を補給する
    3. ホルモンバランスと自律神経を整える

    頭皮へ栄養素を十分に行き渡らせるためには、血液循環機能を高めましょう。特に、M字・U字ハゲで顕著に現れる左右・前頭部の生え際には、太い血管が少なく栄養素が届きにくいです。

    散歩やランニング、自転車や水泳などは、血液循環機能を高めてくれるので非常に効果的です。

    また、髪の主成分となるたんぱく質は積極的に摂取しましょう。肉・魚・豆・乳製品類などには豊富にたんぱく質が含まれています。さらに、ビタミン・亜鉛はたんぱく質を体内で合成する上で欠かせない栄養素です。

    牡蠣・レバー・野菜などを取り、ビタミン・ミネラルも補給するようにしましょう。もし日常的な生活で足りない場合は、サプリメントなどを併用するのも効果的です。

    最後に、睡眠は健やかな頭皮環境を整えるうえで欠かせません。睡眠には、自律神経を整えるはたらきとホルモンバランスを整えるはたらきがあります。

    交感神経が優位になると、頭皮の血液循環機能が低下し栄養素を届きにくくしてしまいます。また、睡眠中に分泌される成長ホルモンは、ハリ・コシのある髪を目指すうえではとても大切です。

    • 起きる時間を一定にする
    • 朝起きたら太陽の光を浴びる
    • 夜にPCやスマートフォンなどの強い光を浴びない

    といったことは、質の高い睡眠をとる秘訣です。このように、生活習慣を整えることは、生え際の後退に効果的な対策になります。

    生え際の後退へのアプローチ②ヘアケア方法を見直す

    ヘアケア方法を見直すことは、生え際後退の対策として効果的です。なぜならば、自分の肌に合わないシャンプーを使用すると必要以上に皮脂が落ちるか皮脂が落ちきらずに、頭皮環境が悪化してしまうからです。

    アミノ酸系シャンプーやべタイン系シャンプーを使うことで、適度に皮脂を落とし健やかな頭皮環境を整えやすくします。また、スカルプシャンプーには有用成分が含まれているので、とても効果的な対策です。

    シャンプー後は育毛剤などの製品を使うことで、薄毛・抜け毛を改善する効果が期待できるでしょう。

    薄毛対策のシャンプーの使用は、下記ページで詳しく解説しています。

    薄毛対策・改善にはどんなシャンプーを使えばいいの?|正しいシャンプーのやり方を解説!

    専門機関を受診する

    生え際の後退の原因はさまざまです。場合によっては、専門機関を受診するのがおすすめです。薄毛の治療には、下記の2つの機関があります。

    1. 皮膚科:抜け毛抑制治療
    2. 薄毛治療専門クリニック:抜け毛抑制+発毛治療

    多くの専門機関では、薬剤治療(内服薬や外用薬による治療)をする場合が多く、有効性も高いとされています。

    生え際の後退を一刻も早く改善したいと思ったら専門機関へ相談してみましょう。

    ハゲに対して短中長期で生え際の後退に対策しましょう

    笑顔でタブレットを見るサラリーマン
    ハゲで生え際が後退してきたときは、短期・中長期に分けて対策しましょう。生え際が後退してくるハゲのタイプにはM字ハゲとU字ハゲがあります。

    短期的な対策方法としては、髪型を変えるのがとても効果的です。M字ハゲの場合には、前髪を長めにして重めのカットをしセンターパートに近い6:4くらいの割合で分けると、M字ハゲが目立ちにくくなります。

    また、U字ハゲの場合にはサイドとバックのボリュームを少なくすることで、前頭部の薄さを目立ちにくくできるでしょう。

    中長期的な対策として、生活習慣(運動・栄養・休養)、ヘアケア方法の見直しがとても大切なポイントです。場合によっては専門機関を受診することもおすすめです。

    本記事を参考に生え際の後退に対する対策をして、健やかな頭皮環境を整えましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)