抜け毛は予防できるの? 今日から始められるおすすめの抜け毛対策を紹介!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
拳を握って微笑むスーツ姿の男性
目次

    最近髪が抜けると悩んでいませんか?抜け毛にはさまざまな原因があり、ホルモン・生活習慣・間違ったヘアケア方法・遺伝や加齢など多岐にわたります。

    抜け毛の対処をするためにはクリニックに相談することをおすすめしますが、抜け毛を未然に防ぐことも大切なことです。

    そこで、本記事では抜け毛の原因と予防方法について詳しく紹介します。

    抜け毛の原因とは? 抜け毛は予防できるの?

    携帯電話を持って考え事をする男性
    抜け毛の原因はさまざまです。抜け毛を予防するためにも、そもそも抜け毛がなぜ起きるのかというメカニズムを知り、原因に応じた予防が大切です。

    気になる抜け毛はどうして起きるの?

    そもそも抜け毛が起きる原因は、大きく分けて日常生活と生理的なメカニズムの二つがあります。

    抜け毛における主な2つの原因
    日常生活に関連する原因生理的なメカニズムに関連する原因
    1. 生活習慣の乱れ
    2. 髪の毛や頭皮へのストレス など
    1. 男性ホルモンの影響
    2. 遺伝
    3. 加齢 など

    ここでは、抜け毛における原因について詳しく解説します。

    1. 男性ホルモンの影響

    男性ホルモンの影響による抜け毛では、テストステロン(男性ホルモン)が頭皮にある”5αリダクターゼ”という酵素と結合することで、”DTH”という男性ホルモンに変化し、DTHが毛乳頭の受容体に結合してしまうことで、抜け毛が起こります。

    このように、男性ホルモンが抜け毛の根本的な原因となっている場合もあり、抜け毛が進行してしまうことでAGA(男性型脱毛症)を発症してしまうこともあります。

    2. 生活習慣の乱れ

    生活習慣の乱れによる抜け毛には、栄養や休養など関係しています。健やかな頭皮環境を整えるためには、バランスの取れた栄養摂取が欠かせません。特に現代人に不足しているといわれているたんぱく質は、頭皮環境を整える上では欠かせません。

    また、質の高い睡眠がとれることで成長ホルモンの分泌がさかんにおこなわれて、毛母細胞の分裂をうながせます。

    栄養や休養のほかにも、喫煙でニコチンを体内に取り込むことが原因で、血管が収縮してしまい、血液循環が悪くなり、頭皮へ栄養素が十分に届かなくなってしまうことも。

    このように、栄養・休養・喫煙といった生活習慣は、抜け毛の原因になることがあります。

    3. 髪の毛や頭皮へのストレス

    髪の毛や頭皮へのストレスは、抜け毛の原因の1つです。自分の頭皮に合っていないシャンプーの使用やドライヤーの使い過ぎ、パーマ・カラーなどが原因として挙げられます。

    高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーのような洗浄力・脱脂力が高いシャンプーで皮脂を落としすぎたり、アミノ酸系シャンプーのように皮脂を摂りすぎないシャンプーで皮脂が十分に落ちなかったりすることが原因の場合もあります。

    また過度なドライヤーは、頭皮への刺激につながり肌荒れを引き起こしてしまうことも。パーマ・カラーなども頭皮の状態によってはアレルギー反応を引き起こしてしまうことも。

    肌荒れが起きた頭皮は、正常なヘアサイクルがおこなわれにくく、抜け毛につながってしまう原因になることもあります。

    4. 遺伝

    抜け毛の原因には、遺伝もあります。テストステロンと5αリダクターゼが結合することでDTH(ジヒドロテストステロン)が生み出されることは既に説明しましたが、この5αリダクターゼの量は、遺伝情報によって左右されています。

    つまり、遺伝によって抜け毛が起こりやすい人もいれば、そうでない人もいるのです。

    5. 加齢

    加齢が原因で抜け毛が増えてしまうこともあります。人の細胞は加齢にともなって死んだり衰えたりします。つまり、加齢によって毛根の細胞が死んだり衰えたりすることが原因で抜け毛が増えることも。

    ただし、加齢を原因とした抜け毛は、年齢を重ねることで誰にでも起こりうる症状であるといえます。

    抜け毛は予防できるの?

    抜け毛の予防はできるのでしょうか?まずはできることから改善していくことが大切です。生理学的な反応は、直接コントロールできないですが、生活習慣やヘアケア方法の見直しなどは、自分で抜け毛予防をする上では効果的です。

    症状が気になる場合はクリニックで相談してみよう

    既に抜け毛が起きていて症状が気になる場合はクリニックで相談することをおすすめします。クリニックや皮膚科で治療を受けると、専門的なアドバイスやケアを受けられます。

    自分一人でどうにかしようとするよりも確実に抜け毛症状に対処できるため、症状が気になる場合には、クリニックに相談するとよいでしょう。

    今日から始める! 抜け毛を防ぐ方法を紹介

    料理をする男女ここまで抜け毛の原因について解説してきました。ここからは、抜け毛の原因に対応した抜け毛予防方法について紹介します。

    1. 生活習慣を見直す

    生活習慣を見直すことは、自分自身で抜け毛予防をする上で効果的です。運動・栄養・休養だけではなく、嗜好品も頭皮の状態へ影響するため、大切なポイントです。ここでは、食生活・睡眠・嗜好品・運動で抜け毛を予防する方法について紹介します。

    食生活|おすすめの食べ物とは?

    食生活を改善して、栄養バランスのよい食事を心がけることは大切です。特に大切な栄養素はたんぱく質・ビタミン類・ミネラルです。

    髪の毛の主成分は、ケラチンというたんぱく質で作られています。肉や魚、大豆製品などのたんぱく質を含む食品を積極的に摂ると良いでしょう。

    また、ビタミンにはさまざまな種類がありますが、頭皮環境を整える上では下記の4つのビタミンが特に大切です。

    1. ビタミンA:頭皮の乾燥予防
    2. ビタミンB群:細胞分裂を活性化させる
    3. ビタミンC:頭皮に刺激を与える
    4. ビタミンE:抗酸化作用で頭皮を健やかに保つ

    ビタミンAはレバーや卵黄、ほうれん草やニンジンなどに多く含まれていて、B群は、豚肉やカツオ、マグロや枝豆などに多く含まれます。

    ビタミンCはピーマンやブロッコリー、ジャガイモやキャベツなどに含まれ、ビタミンEは、アーモンドやピーナッツなどナッツ類がおすすめの食材です。
    人の身体に必要なミネラルは16種類あり、特に不足しがちなカリウム・カルシウム・鉄・亜鉛は積極的に摂ると、抜け毛予防に効果的です。

    カリウムは、ドライトマトやドライバナナ、昆布などに豊富に含まれ、カルシウムは干しエビや煮干し、チーズなどに多く含まれます。また、鉄・亜鉛は、レバーなどの食品を積極的に摂るのがおすすめです。

    このように、抜け毛予防に効果的な栄養素にはいろいろなものがありますので、肉魚類や野菜をバランスよく摂取しましょう。

    睡眠|質の良い睡眠を取るには?

    質の良い睡眠を取り入れることは、抜け毛を予防する上でとても大切です。十分な睡眠がとれないと、自律神経とホルモンバランスが乱れてしまうからです。

    質の高い睡眠は、90分~120分間隔で訪れるノンレム睡眠が大切です。特に寝付いた後すぐの90分間に訪れるノンレム睡眠は、睡眠学の中でも重要視されています。

    90分間で深い眠りにつくためには深部体温を下げることが大切です。就寝90分前の入浴は効果的な方法で、40°のお湯に15分ほど入ることで、90分後に深部体温が下がります。

    また、良い睡眠には良い覚醒がとても大切で、気持ちよく目覚めるためには、アラームを2段階で設定することが効果的です。

    本来起きるべき時間とその20分前の2段階のアラームを活用することで心地よく目覚めやすい状態に。さらに、朝の光に浴びることで体内時計がリセットされ、質の高い睡眠がとれるようになります。

    このように、抜け毛予防として質の高い睡眠をとることは、ホルモンバランスや自律神経を整えるためには大切なのです。

    嗜好品|過度の飲酒と喫煙は控えよう

    嗜好品の中でも、飲酒と喫煙を見直すことは効果的です。ただし、お酒を飲んだり喫煙が絶対にダメというわけではありません。

    飲酒や喫煙が習慣になっている人にとって、いきなり辞めてしまうと逆にストレスになり、自律神経のバランスが乱れて血液循環が悪くなることも。

    出来る限り控えたり、喫煙が辞められない場合には、禁煙外来などに相談し、禁煙してみるのも手です。

    運動|適度な運動を取り入れよう

    運動は、血液循環を円滑にするので、抜け毛を予防する上で効果的です。筋肉には、運動で筋肉が収縮し血液を全身に運ぶという役割(ミルキーポンプ作用)があります。

    十分に栄養素を摂取して、運動で血流を促進できると頭皮環境を整えることにもつながります。軽いウォーキングやジョギング、ストレッチなどの軽い運動でもよいので、運動する習慣を身につけましょう。

    紫外線対策|通気性の良い帽子など

    紫外線対策を行うことは、抜け毛予防において大切です。なぜなら、紫外線を浴び続けると頭皮が日焼けをして、細胞が破壊されてしまうからです。

    毛母細胞がダメージをうけたままケアをしないと、日焼け症状が悪化して抜け毛が起こされてしまうのです。

    通気性の良い帽子や頭皮用の日焼け止めなどを使いながら、頭皮を紫外線から守ることも、抜け毛予防に効果的です。

    2. ヘアケアを見直す

    ヘアケアを見直すことは、とても大切なポイントです。ここでは、より良いヘアケアを行うためのシャンプー選び・洗髪方法・育毛剤などの紹介をします。

    シャンプー選び|スカルプシャンプーなど

    頭皮に合ったシャンプーを選ぶのは、抜け毛を予防する上で大切です。シャンプーには、アミノ酸系シャンプーや高級アルコール系シャンプー、石鹸系シャンプーなどの種類があります。

    また、皮脂の量は人によって異なるため、自分の肌にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

    頭皮の特性に合わせたおすすめのシャンプー
    乾燥肌の人脂性肌の人敏感肌の人
    アミノ酸系シャンプー
    ※保湿成分が含まれているもの
    高級アルコール系シャンプー
    石鹸系シャンプー
    ※髪への負担が少ないもの
    アミノ酸系シャンプー
    ※肌への刺激成分が配合されていないもの

    また、フォルテロ カーボニックスカルプシャンプーは、超濃密炭酸泡が皮脂汚れを落とし、7つの有用成分が頭皮環境を整えハリのある髪を育てます。

    特に皮脂の多い男性や脂性肌の人におすすめのシャンプーなので、抜け毛で悩んでいる人はお手にとって試してみてくださいね。

    Fortero(フォルテロ)カーボニックスカルプシャンプーとは? 特徴と効果を上げる使い方を解説!

    洗髪方法|正しい髪の洗い方とは?

    洗髪方法を見直すことは、抜け毛予防に効果的です。髪の毛に付着したゴミやホコリをシャンプー前にブラッシングで落とし、頭皮マッサージをして頭皮を刺激するのもよいでしょう。

    また、予洗いをぬるま湯でしっかりすることで、髪や頭皮に付着した汚れ(皮脂・ホコリ)を70%から80%落とせるほどです。

    また、シャンプーを手に取り、頭皮を揉むように洗ったり、頭皮マッサージをしながら洗い、シャンプー剤が残らないようにぬめりがなくなるまでしっかりと洗い流しましょう。

    シャンプー剤が残っていたりすると、肌荒れの原因などにもなってしまい抜け毛が起こってしまうこともあります。

    育毛剤|プラスアルファで攻めのケア

    これまでのヘアケアにプラスして育毛剤を使うことは、健やかな頭皮環境を整えられるため、抜け毛予防に効果的です。

    特にフォルテロの薬用スカルプシャンプーは、製品に効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合された医薬部外品として認められています。

    センブリエキス・グリチルリチン酸2k・ジフェンヒドラミンHClという3つの有効成分が配合されています。

    こうした育毛剤を使い日常的に頭皮をケアすることで、健やかな頭皮環境を整えられて抜け毛予防にもつながるでしょう。

    【予約販売】薬用スカルプローション

    コラムでも詳細解説していますので、下記ページよりご覧ください。
    Fortero(フォルテロ)には育毛剤もある! 薬用スカルプローションの魅力と使い方を紹介

    健康的な頭皮と髪のために! まずはできることから始めてみよう

    飲み物を片手に微笑む男性抜け毛の原因には、日常生活に関連することと、生理的なメカニズムに関連することがあります。

    抜け毛は原因によって、予防方法も異なります。もし既に気になるほどの抜け毛症状で悩んでいる方は、皮膚科やクリニックなど専門機関で受診することをおすすめします。

    本記事を参考にして抜け毛の予防でできることから始めてみてください。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)