スカルプケアとは? なぜおすすめなの? 頭皮を健やかに保つケア方法を紹介!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
シャンプーをされる男性
目次

    頭皮環境はさまざまな要因で悪化してしまうため、正しい方法でシャンプーやトリートメントをする必要があります。また、スカルプケアを実践することで、頭皮環境を改善することができ、乾燥やかゆみ、ふけ、抜け毛などの頭皮トラブルを回避できます。

    また、意外とシャンプーやドライヤーの仕方が間違っており、知らない間に頭皮に負担をかけているケースも少なくありません。適切にスカルプケアを実践するためにも、正しい洗髪の方法を押えておきましょう。

    そこで今回は、スカルプケアについて詳しく紹介していきます。

    スカルプケアとは? なぜおすすめなの?

    髪を気にする男性
    髪の毛・頭皮を良い状態に保つためには「スカルプケア」をするのが有効です。スカルプケアをすることで頭皮環境は綺麗になり、髪の毛の成長などに大きく関わっています

    ここからは、スカルプケアがどのようなものか紹介します。

    スカルプケアとは|頭皮の汚れを落としてトラブルを防ぐ

    スカルプケアとは、頭皮の皮脂などの汚れを落として頭皮環境を整えることです。頭皮のコンディションを良くすることで、毛細血管の流れが活発になり髪の毛にとって必要な栄養が運ばれるようになります

    そのため、スカルプケアをすることで頭皮のトラブルを防ぎます。

    スカルプケアはなぜおすすめ?|乾燥・かゆみ・においなどを防いで頭皮を健やかに

    スカルプケアを適切に行えば、頭皮は健康な状態を維持できます。頭皮に汚れが溜まり、毛穴に皮脂が溜まると血流は悪くなり、髪の毛や頭皮の細部まで養分が届かなくなります。

    頭皮の乾燥・かゆみ・におい・ふけ・抜け毛などのトラブルは、頭皮環境が悪化することが主な原因です。スカルプケアにより頭皮トラブルを回避できるでしょう。

    育毛剤の効果UPも望める!

    育毛剤を使うときもスカルプケアするのがおすすめです。頭皮環境が悪い状態で育毛剤などを使っても、毛穴に皮脂などが詰まっていれば有効な成分が毛根の奥まで届きません。

    正しいスカルプケアをすることで、育毛剤の成分が毛根まで浸透しやすくなり効果が期待しやすくなります。

    おすすめのスカルプケアを紹介! 悩みのない頭皮環境を作ろう

    シャンプーをされている男性
    スカルプケアをするときは正しく行うことが大切です。自分ではスカルプケアを行っているつもりでも、やり方を間違えてしまうと逆効果になってしまうこともあります。

    ここからはおすすめのスカルプケアについて紹介します。

    スカルプケアを始める前に|頭皮に負担を掛けないポイントとは

    頭を洗うときに汚れを落とそうと、力を入れてゴシゴシしてしまう方は多いでしょう。しかし、このような洗い方をしていると頭皮に負担をかけてしまい、頭皮環境が悪くなってしまいます。

    スカルプケアを始める前に、普段のシャンプーのときから頭皮に負担をかけないようにしましょう。また、シャンプーやコンディショナーなどをしっかり洗い流せないのも、頭皮の負担になり炎症を起こす原因になります。

    まずはヘアケア!|正しい洗髪方法を紹介

    頭皮環境を整えるためには、まずは正しい洗髪を押えることが大切です。ヘアケアをしっかり行えば、スカルプケアの効果も出やすくなります。

    ここからは正しい洗髪方法を紹介します。

    1. 洗う前にブラッシングをしよう|軽くマッサージもおすすめ

    髪が長い場合は、洗髪する前に軽くブラッシングをします。事前にブラッシングすることで髪の毛が絡まりにくくなります。また、ほこりなどのゴミをあらかじめ取っておくことで、シャンプーがしやすくなります。

    このブラッシングのタイミングで頭皮をマッサージするのもおすすめです。マッサージすることで血行が良くなり、頭皮環境が改善されます。

    2. 予備洗い|シャンプー前に髪の汚れを落とそう

    シャンプーをつける前に予備洗いをします。予備洗いはぬるま湯・お湯で軽く洗い流すことです。予備洗いによって髪の表面についているゴミを洗い流すことができ、その後のシャンプーの泡立ちが良くなります。

    3. 本洗い|シャンプーは直接頭皮につけないで!

    予備洗いが終わったら本洗いに移ります。本洗いではシャンプーを使いますが、シャンプーは直接頭皮につけるのではなく、一度手の平に出し、その場で泡立ててから髪の毛全体に馴染ませていきます

    このとき、髪の毛を洗うのではなく頭皮を洗うようにしましょう。また、爪を立てて洗うと頭皮にダメージを与えてしまうので、指の腹でマッサージをするように洗っていきます。

    4. すすぎ|泡が残らないようにしっかりと

    頭を洗い終わったら、シャンプーの泡が残らないようにしっかりすすぐようにしましょう。シャンプーの成分が残っていると、頭皮に負担をかけることになります。

    5. リンス・コンディショナー|毛先からつけよう

    リンス・コンディショナーを使う場合は、シャンプーと同様に直接頭皮にはつけず、毛先につけてから全体に馴染ませていきます

    6. すすぎ|しっかりと洗い流そう

    リンス・コンディショナーも成分が頭皮に残ることで、炎症の原因になるのでしっかりと洗い流すようにします。

    7. 乾かす|タオルドライ・ドライヤー

    髪が濡れたままの状態だと、雑菌が繁殖して頭皮に悪影響を与えたり、髪のダメージになったりするため、適切に乾かす必要があります。

    ドライヤーを使うときは、髪・頭皮に近すぎると熱によるダメージで傷むため、15cmほど距離を取りながら風を当てていきます。また、乾燥させ過ぎるのも髪や頭皮にとってダメージになるため、低い温度を使うようにします。

    しっかりとタオルで水分を取ることで、低い温度のドライヤーでも時間を短縮してダメージを軽減できます。

    【疑問】シャンプーはどれくらいの頻度ですればいいの?

    シャンプーの回数は皮脂の量によって多少の違いはあるものの、頭皮環境を健康に保つためには1~2日に1回の頻度がおすすめです。これは、頭皮の皮脂量が少なすぎると毛根が小さくなってしまい、健康な髪の毛が育ちにくくなるからです。

    シャンプーの回数が多いと皮脂がなくなってしまい、乾燥を防ぐために過剰分泌する恐れもあります。ただ、皮脂量は個人差があるので、自分の皮脂量が分からない場合は1日洗わずに放置して観察すると良いでしょう。また、季節によっても皮脂量は変わるので注意が必要です。

    どんな成分のシャンプーがおすすめ?|悩みに対応できる製品を選ぼう

    シャンプーを選ぶときは、現在の頭皮環境に合ったものを選ぶのがおすすめです。例えば、ふけや乾燥が気になる場合は、その悩みに合った有用成分を含んだスカルプケアシャンプーを選ぶと良いでしょう。

    Forteroカーボニックスカルプシャンプー

    今日からできる! おすすめのヘッドマッサージを紹介

    ヘッドマッサージは、頭皮環境を手軽に改善できるおすすめの方法です。頭皮をマッサージすることで血流が良くなるので、さまざまな頭皮トラブルに良い影響を与えるでしょう。

    ここからは今日からできるおすすめのヘッドマッサージを紹介します。

    1. 下準備|ブラッシング&ヘアローション

    まずは洗髪のときと同じように、髪をブラッシングしておきます。そこに、ヘアローションやオイルを手に取り、髪と頭皮全体に馴染ませます。

    2. 頭皮全体をゆっくりと動かしてみよう

    両手を軽く開いた状態で、耳の裏側から頭皮全体を鷲掴みにして、こわばりをほぐすようにゆっくりと頭皮全体を動かします。

    指は耳の裏側から頭の側面から頭頂部、うなじから頭頂部に向かってまんべんなくほぐしていきます。

    3. 部分的にほぐしてみよう

    特に頭皮がこわばっている場所は、部分的にほぐしていきます。例えば、後頭部や頭の側面など円を描くように指を動かし、揉みほぐしていきます。

    4. タッピングで全体を軽くマッサージ|ツボ押しもおすすめ

    最後にタッピングをして、全体をマッサージして終了です。タッピングとは、指の腹で頭を掴んで離すというマッサージ方法です。このとき、頭頂部の中心にある「百会(ひゃくえ)」と呼ばれるツボを押すと、頭皮の血行が良くなるのでおすすめです。

    トラブルの原因を防いで健やかな頭皮を保とう!

    スカルプケアとは、頭皮環境を整え、頭皮を綺麗にすることです。頭皮環境が悪化していると、乾燥やふけ、抜け毛などさまざまな頭皮トラブルが起きてしまいます。

    トラブルの原因を押えて、正しいシャンプー・トリートメント・ヘッドマッサージを行って頭皮環境を改善してみてください。また、頭皮トラブルの状態が気になる場合や改善されない場合は、クリニックを受診するようにしましょう。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)