Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーとは? おすすめポイントと使い方を紹介!

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
フォルテロクイックフォームカラー
目次

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーは、染毛力が高い薬用染毛剤として、厚生労働省から認められた医薬部外品です。

    また、泡状のカラー剤を採用することで、綺麗にムラなく染められるのが商品の特徴です。この記事では、クイックフォームカラーのおすすめポイントと使い方について紹介します。

    クイックフォームカラーのおすすめポイントとは?

    鏡を見ながら髪を気にする男性
    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーのおすすめのポイントは大きく2つあります。下記では、クイックフォームカラーの魅力について紹介します。

    泡だから簡単! 手軽でムラなく白髪を染められる

    クイックフォームカラーの特徴として、泡状のカラー剤ということが挙げられます。泡タイプのカラー剤なので、手軽にムラなく染めることが可能です。
    通常のカラー剤や白髪染めなどは、液体状の商品が多く、染ムラなどに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

    クイックフォームカラーは手軽に髪全体へカラー剤が浸透できて、ムラなく染めるのにぴったりです。

    ヘアカラーと白髪染めはどこが違うの?

    白髪を染めるなら、ヘアカラーではなく白髪染めを使うのがおすすめです。なぜなら、ヘアカラーと白髪染めでは、脱色と染色のバランスが違うからです。

    一般的な黒髪用のヘアカラーの場合には、髪色きれいな黒髪になるように脱色の比重が高く、染毛はそこまで重視されていません。

    しかし、白髪染めの場合には、色味を追加し白髪がしっかりと染まって目立たないようにすることが重要です。そのため、一般的な白髪染めの場合には、脱色の比重が低く、染毛の比重が高いことを特徴としています。

    一度できれいに! 薬用染毛剤だからしっかり染まる

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーのもう1つの特徴として、一度でしっかり染まる薬用染毛剤に分類されていることが挙げられます。

    では、そもそも薬用染毛剤とは何なのでしょうか?

    薬用染毛剤とは? ほかのタイプとどこが違うの?

    薬用染毛剤とは、毛髪を永久的に染める染毛剤のことで酸化染毛剤とも呼ばれています。髪の毛を染めるカラー剤には、下記の3つのタイプがあります。

    1. 薬用染毛剤
    2. 脱色剤
    3. 着色料

    この中でも、薬用染毛剤は医薬部外品であり、染毛成分が髪の内部まで浸透するため一度でしっかりと染まるのが特徴です。

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーは一度でしっかり染められる薬用染毛剤に分類されていて、手軽に本格的な白髪染めができます。

    正しく使ってより美しく! クイックフォームカラーの使い方を紹介

    男性の髪の分け目
    クイックフォームカラーは、正しく使うことでその効果を引き出し、白髪を魅力的に染め上げてくれる商品です。

    しかし、使い方を間違えることでムラができてしまったり綺麗に白髪が染まらなかったりなんてこともあります。そうならないためにも、ここではクイックフォームカラーの使い方について紹介します。

    1. 髪を洗って乾燥させておく

    クイックフォームカラーを使う前には、髪を洗って乾燥させておきましょう。整髪料などがついていると、髪内部へ染毛剤が浸透しにくく、染まり方にムラができてしまうことがあります。

    クイックフォームカラーの使い方として大切なポイントは、前日までにシャンプーなどを済ませて髪の汚れを落とし、髪を乾かした状態で使うことです。。

    2. クイックフォームカラーを塗る

    クイックフォームカラーを使う準備ができたら、クイックフォームカラーの泡を塗って揉みこみましょう。頭全体へ泡がいきわたることで、ムラなく綺麗な仕上がりになりやすいです。

    ムラなく染めるポイント

    ムラなく染めるポイントとしては、髪全体をしっかりと揉みこみながら、全体へ馴染ませること。特にトップや後頭部はムラがでやすく綺麗に染めにくい部分でもあります。

    トップと頭頂部といったポイントを意識しながら揉みこむことで、髪全体が綺麗に染まりやすいです。

    3. 15分ほど放置する

    泡を塗り終えたら15分ほど放置しましょう。放置している間に髪内部へ染毛剤が浸透し、白髪が染まっていきます。

    ただし、一般的に髪が太くて硬い人は、内部へ染毛剤が浸透しにくく染まりにくいです。下記のポイントをおさえてムラなく綺麗に染めましょう。

    しっかり染めるポイント

    一般的に髪が太くて硬い人は、白髪染めやカラー剤などで髪を染めにくとされています。そんな人は、5分~15分放置時間を長くすることで染まりやすいです。

    また、目安放置時間の3/4程度が経過した辺りで、髪についたカラー剤を絞り取り、髪の毛をチェックしてみると仕上がり具合が確認できます。

    4. 洗い流す

    染まり具合を確かめて、問題がなければシャワーで洗い流しましょう。シャワーでよく洗い流したあとは、シャンプーとコンディショナーを使って仕上げてください。

    ライン使いでもっと美しい髪に! フォルテロシリーズを紹介

    ヘアケア用品のイメージ
    Fortero(フォルテロ)シリーズには、クイックフォームカラーの他にカーボニックスカルプシャンプーや薬用スカルプローションがあります。

    この2つの商品も合わせてライン使いすることで、健康的な頭皮を整えてより美しい髪にしあがります。ここでは、他の2つの商品について紹介します。

    超濃密炭酸泡ですっきり洗える! カーボニックスカルプシャンプー

    カーボニックスカルプシャンプーは、8,000ppmに濃縮された超濃密炭酸泡で、毛穴に詰まった皮脂汚れをごっそり落とせるのが特徴です。

    また、二酸化炭素を豊富に含むことで、頭皮の血行を促進し、頭皮へ栄養を運びやすくします。加えて7つの有用成分が配合されており、育毛促進と頭皮ケアを同時に実現できます。

    3つの有用成分が育毛をサポート! 薬用スカルプローション

    薬用スカルプローションの特徴として、3つの有用成分が配合された医薬部外品であることが挙げられます。薬用スカルプローションには、センブリエキス・グリチルリチン酸2k・ジフェンヒドラミンHCl の3つの成分が含まれています。

    センブリエキスは発毛促進効果があり、グリチルリチン酸2kは頭皮ケア効果があります。また、ジフェンヒドラミンHClには、発毛促進効果と頭皮ケアを同時に期待することができます。

    薄毛に悩む誰もが手軽に頭皮環境を整えられる商品として薬用スカルプローションがあります。

    クイックフォームカラーで美しい髪色に!

    髪をセットする男性
    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーは、泡状でムラなく染やすい薬用染毛剤です。薬用染毛剤は一度でしっかりと染めやすく、クイックフォームカラーはムラなく綺麗な仕上がりにできます。

    また、クイックフォームカラーは、黒髪用のカラー剤とは異なり、白髪染めです。白髪染めと黒髪用のカラー剤では脱色と染毛の比重が異なり、白髪を染めるなら白髪染めを使った方が染まりやすいです。

    使い方のポイントとしては下記の4点があります。

    染める前日にシャンプーをして乾かした状態にする
    クイックフォームカラーを頭全体へ行き渡らせるように揉む
    15分ほど放置する(髪質に合わせて5~15分放置時間を追加)
    状態を確認し問題なければ洗い流してシャンプー&コンディショナーをする

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーが気になった人は、ぜひ一度手に取ってみてくださいね。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    Fortero(フォルテロ)