白髪染めっていつから使い始めるの?自宅染めがめんどくさい時におすすめのフォルテロクイックフォームカラーの紹介

この記事をシェア
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • リンクをコピー
髪を気にする白髪の男性
目次

    白髪染めを使い始めるタイミングに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。実際、他の人が白髪染めを使っているかどうかを知る機会は少ないことが多いですよね。

    また、白髪が気になって抜いてしまったりすることがNG行動だったり、意外なことが白髪がある時のNG行動になることも。

    白髪に対処するためには、白髪染めが効果的ではあるものの自宅染めがめんどうくさいという人も多いです。

    そこでここでは、白髪染めを使い始めるタイミングと白髪を見つけた時の対処法について詳しく紹介します

    白髪が気になる年齢は38歳前後

    鏡を見て顔に手を当てる男性
    白髪が気になり始める年齢は38歳前後といわれています。株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミーが実施した2020年の調査では、1034人に対して白髪に関するアンケートを実施しています。

    白髪が気になりだした年齢として男性が平均38.0歳・女性が平均41.6歳だったことが明らかにされています。

    つまり男性は38歳前後で白髪が気になり始めることが多く、早い人であれば38歳前後から白髪ケアを始める人もいるということです。

    白髪染めを実際に使っている割合は男性14.6%女性45.0%

    「白髪の気になり度合に関わらず白髪染めをしている人の割合は男性14.6%、女性45.0%」だったことが同調査で明らかにされています。

    実際男性の場合49.5%の人が白髪であると回答したものの、白髪染めを実際にしている人は14.6%にとどまりました。

    一方女性は、白髪であると回答した人の割合が60.6%で、45.0%の人が白髪染めをしていると回答していたことから、男性は女性よりも白髪染めを使うことが少ないことがわかります。

    白髪染めを実際に使い始める年齢は41歳前後

    白髪染めを実際に使い始める年齢は、男性41.2歳・女性43.2歳だったことも、株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミーの調査の中で明らかにされています。

    また、実際に男性が現在実施している白髪対策としては「自宅で市販の白髪用ヘアカラーで白髪染め」が最も多く白髪対策をしている人の64.9%の人が自宅で白髪染めを使っていることも明らかにされています。

    つまり約半数の人が白髪になっており、白髪のケアをしている人の割合は非常に少ないが実際のケア方法として自宅染めをしている人が多いということです。

    白髪が気になってもやってはいけない3つのNG行動

    シャンプーする男性
    白髪が気になってもやってはいけない行動にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは下記の3つに分けて詳しく解説します。

    1. 白髪を抜く
    2. 朝シャン&自然乾燥
    3. 頭皮をブラシで叩く

    白髪が気になった時のNG行動①白髪を抜く

    白髪が気になった時のNG行動として、白髪を抜くことがあります。白髪を抜いてしまうと毛根を強く刺激してしまって薄毛の原因になることがあるからです。

    髪の毛は、毛乳頭に栄養が運ばれることによって成長します。しかし、白髪を抜いてしまうとこの毛乳頭や毛根の細胞を破壊してしまうことがあるのです。

    毛根の細胞が破壊されるとヘアサイクルが乱れて健康的な髪が生えにくい頭皮環境に陥ってしまうことも

    白髪を1回抜いた程度で破壊されることは少ないですが何度も繰り返し抜いてしまうと細胞が正常に働かなくなることがあるので注意しましょう。

    白髪が気になった時のNG行動②朝シャン&自然乾燥

    朝シャンと自然乾燥は、白髪が気になった時に避けた方がよい行動としてあげられます

    朝シャンってダメなの?と思う人も多いかもしれませんが、朝は時間が限られている人も多くシャンプーが雑になりがちです。

    特にすすぎが十分にできておらずシャンプー剤が頭皮に残ってしまうと頭皮環境が悪化することも。

    また、自然乾燥は髪や頭皮に悪影響をおよぼします。通常髪の毛はキューティクルで覆われていますが、髪の毛が濡れているとキューティクルが開き髪の毛の水分が蒸発して乾燥しパサつく原因になることがあります。

    また、自然乾燥させている間頭皮は湿って雑菌が繁殖しやすい環境になります。雑菌が繁殖することでニオイの原因にも。

    頭皮環境が悪化してしまうことで白髪の原因になることもあるので、シャンプーは丁寧に行いドライヤーで乾かすようにしましょう

    白髪が気になった時のNG行動③頭皮をブラシで叩く

    頭皮を刺激するのがよいのではないかと硬いブラシで叩いてしまう行動は、白髪が気になった時にやってはいけない行動の1つです

    なぜなら頭皮をブラシでたたくと刺激が強すぎて頭皮環境が悪化することがあるからです。もし頭皮をマッサージするのであれば、指の腹をつかってマッサージをしたりマッサージ器などを使って適切な刺激を入れるようにしましょう。

    頭皮マッサージをするのであれば下記の記事を参考にしてみてください

    頭皮マッサージにはどんな効果があるの? 何が必要?|おすすめ頭皮マッサージを紹介

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーを使って自宅で簡単白髪染め

    白いシャンプーボトル
    Fortero(フォルテロ)から販売されているラインの1つに白髪対策用のクイックフォームカラーがあります。ここでは、自宅で簡単にムラなく染められるクイックフォームカラーの紹介をします

    自宅で白髪染めで最も困るのは仕上がりへの不満

    自宅で白髪染めをするのに最も困っていることの1つとして、仕上がりへの不満があります。

    株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミーが実施した2020年の調査で、「自宅染めで困ることは?」という質問に対して「髪全体をムラなく均一に染められない/染め残した部分がある」と回答した人の割合は男子43.9%・女性48.1%という結果があきらかに。

    つまり、男女ともに「ムラなく均一に染められない」がトップ。自宅染めは【仕上がりへの不満】が非常に多いことがわかりました

    そこで、自宅で簡単にムラなく染められるクイックフォームカラーの紹介をします

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーの魅力①薬用染毛剤で一度にしっかり染め上げる

    Fortero(フォルテロ)が販売しているクイックフォームカラーの魅力として一度にしっかり染まる薬用染毛剤であることがあります。

    薬用染毛剤は医薬部外品として分類された商品で、染毛成分が髪内部まで浸透するため、一度でしっかりと染まるのが特徴

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーの魅力②泡タイプでムラなく染まる

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーの魅力として、薬用染毛剤であることに加えて泡タイプの染毛剤であることが大きな魅力です。

    薬用染毛剤でしっかり染まるといっても、液状だと染めにくくムラができてしまうことも多いのではないでしょうか。

    Fortero(フォルテロ)のクイックフォームカラーは、誰でも簡単にムラなく染められるように泡状の染毛剤になっていて、シャンプーをするような感覚で髪に馴染ませながらムラなく染められるように設計されています

    薬用染毛剤でしっかり染まるということと、ムラなく染められるように泡状の染毛剤であることがかけあわさって、満足のいく仕上がりになりやすいことが大きな特徴です。

    もし気になった方は商品を試してみてくださいね。

    Fortero(フォルテロ)クイックフォームカラーで気になる白髪を手間なく染めよう

    PCでオンライン電話する男性
    38歳前後から増え始める白髪。多くの人がケアをしていないものの、ケアをしている人の多くは自宅で白髪染めを使っているという統計データがあります。

    しかし、自宅で白髪染めをすることで最も不満になってしまっているのが白髪染めの仕上がりです。

    そんな白髪染めの仕上がりを満足いくものにするためにも、Fortero(フォルテロ)から販売されているクイックフォームカラーはとてもおすすめです

    本記事を参考に白髪染めをいつから使うか迷っているという方は、是非商品を試してみてください。

    この記事をシェア
    • Twitter
    • Facebook
    • LINE
    • リンクをコピー
    RELATED
    Fortero(フォルテロ)